赤ちゃんが成長するにつれて始まる離乳食。色々なメニューを考えたり、調理したり…大変ですよね。

大変なことも多い離乳食ですが、一番大変なのはアレルギーなのです。アレルギーといえば蕁麻疹などの肌のトラブルを想像しますが、ひどい場合には死に至る場合もあるので十分に注意しておかなければなりません。

最近ではアレルギーのお子様も多いので、ぜひこの機会に赤ちゃんのアレルギー検査も実施しておきたいですね。ただアレルギーの検査を受けるにあたって、どのくらいの時期に受ければ良いのか?費用はどのくらいかかるのか?などの疑問も出てきますね。

ではアレルギーの検査について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんのアレルギー検査にはどんな方法があるの?

出典:

アレルギー検査は血液検査やパッチテストなどの方法があります。検査を行う場合、かかりつけの小児科によっても変わってきますがだいたい血液検査を行う場合が多いでしょう。

ただ血液検査となると赤ちゃんへの負担も心配ですよね。負担も含めていつからアレルギー検査を行うのが良いのでしょうか。

アレルギー検査はいつからできる?

出典:www.jessicaolms.com

赤ちゃんのアレルギー検査ができる時期は、お母さんの免疫が切れてからの六ヶ月以降で尚且つ離乳食が始まる前と言われています。

離乳食が始まってしまってからでは、危険な目に遭ってしまう場合もありますよね。我が子が何のアレルギーなのか把握できないままでは、食事を与えることですら心配です。

もしかしたら一般的なアレルギーとは違う場合も考えられるので離乳食を始める前にかかりつけの小児科の先生に相談してみても良いでしょう。

アレルギー検査のベストな時期

sponsored link
出典:www.tipsimprovelife.com

またアレルギー検査のベストな時期と言われているのが六ヶ月以降以外にも1歳以降とも言われています。1歳を過ぎれば血液検査を行うにあたっての負担も軽く済むので、できれば1歳を過ぎたあたりからの方が良いのかもしれません。

ですが離乳食の開始にも個人差や小児科の先生の方針などで月齢にも差が出てくる場合があります。お母さんとしてはできるだけ離乳食が始まる前に調べておきたいものですよね。

ただ赤ちゃんの負担なども併せて考えると、六ヶ月だからと言って急がずに離乳食開始に合わせて検査をしてみるのも良いでしょう。

ゆっくり離乳食を始めていくのであれば、1歳近くなる十ヶ月あたりで検査を受け、もし早い時期からの離乳食を勧められた場合には、そのタイミングでアレルギー検査を受けましょう。

アレルギー検査にもベストな時期はありますが、あくまでもそれは一般的なものです。離乳食の開始時期や何かしら疑わしい場合などにはかかりつけの小児科の先生に相談してから検査を考えましょう。

赤ちゃんのアレルギー検査、費用はどのくらいかかるの?

www.icoro.com

出典:www.icoro.com

アレルギー検査といえば検査費用も心配になってきますよね。大人でさえ検査といえばかなりの費用がかかります。ただ乳幼児の場合には乳幼児医療証が発行されているので無料で受けられる場合もあります。

ただ、地域などによっても変わってくるのでかかりつけの小児科に受ける前に問い合わせてみると良いですね。

またアレルギーが発症している場合には乳幼児医療証で無料の場合があります。そういった場合にはアレルギーを発症していなければ有料となってしまう可能性もあるので注意しましょう。

もうすでに離乳食を始めている場合や、おっぱいからアレルギーになった可能性などが考えられる場合には症状を写真などに収めておくのも良いでしょう。その場合、赤ちゃんが食べたものやお母さんが食べたものなども詳しく書き留めておくことが必要です。

乳幼児医療証でアレルギー検査が無料になるかどうかは地域によっても違ってくる場合が考えられます。まずは赤ちゃんのかかりつけの小児科に相談されることが良いですね。

また赤ちゃんの定期検診時などでも確認しておけば安心なのではないでしょうか。念には念を入れておくと離乳食開始も安心して始められますね。

おわりに

たかがアレルギーと考えられることも多く軽視される方も多いのですが、アレルギーは命を危険にさらしてしまうこともあるのです。またアレルギーは突然出てくることもあります。

検査一つでアレルギーは十分注意していくことができるのでお父さんやお母さんにアレルギーがないからと簡単に考えてしまわずに、赤ちゃんの健康のためにも前もって考えておくようにしましょう。