ボジョレーヌーボー意味は?2016年解禁日はいつ?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ボジョレーヌーボーは、毎年、その年に収穫されたブドウを使い仕込む新酒のワインの事ですが、日本でもかなり浸透しており、毎年、時期になると話題になっていますね。

2016年のボジョレーヌーボーの解禁日はいつでしょうか?さらに、知らないようで知っているボジョレーヌーボーの意味も合わせて調べました。今年は旦那様とボジョレーヌーボーを楽しみませんか?

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの意味ってなんだろう?

出典:www.urbanbillionaire.com

ボジョレーヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地域で作られた新酒の事を言い、その年に収穫されたブドウを使い、その年に仕込んで作るワインです。

その年のブドウの出来を見るために作られるボジョレーヌーボーは、発酵を早めるために炭酸ガスを注入して作られます。その為、通常の赤ワインよりも軽い仕上がりのワインになります。

新酒の事を「ヌーボー」といい、ボジョレー地方で作られたワインという事で「ボジョレーヌーボー」と呼ばれているのです。

ボジョレーヌーボーは、早目に飲んでしまった方が美味しく頂けます。通常のワインの様に寝かしても美味しくはなりませんので、フレッシュな内に飲み切る事が美味しく頂くコツです。

2016年のボジョレーヌーボー解禁日はいつ?

sponsored link
出典:www.monsieurvintage.com

ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月の第三木曜日の午前0時に決まっています。2016年は11月17日が解禁日です。バブルの時期から人気に火が付いたボジョレーヌーボーは今でも根強い人気があります。

ボジョレーヌーボーの全生産量のうち、四分の一は日本で消費されています。日本では、ボジョレーヌーボーの解禁日はお祭り騒ぎです。日本ではすっかり毎年恒例のイベントになっています。

ボジョレーヌーボーのオススメの飲み方

出典:www.thekitchn.com

ボジョレーヌーボーを美味しく楽しむにはいくつかポイントがあります。まず、ワインの温度ですが、少し冷やしたほうがすっきりと飲む事ができます。普通のワインの場合は、冷やし過ぎはあまり良くありません。

ですが、ボジョレーヌーボーは、タンニンによる渋みが少ないので、冷やしても美味しいのです。冷蔵庫で1時間くらい冷やして、お好みのフードと一緒に気軽に飲んでくださいね。

軽いワインなので、どんな食事にも合います。洋食、和食を問わず、いろんなおつまみとも相性がいいのでいろんな楽しみ方ができるワインです。気軽に楽しむなら、夕飯と一緒に飲むと良いと思います。

おわりに

私はワインが好きで、重めのワインが好みなので、ボジョレーヌーボーは、欠かさず毎年飲む事はありません。ですが、軽くて、口当たりがよいボジョレーヌーボーは、ワインが苦手な人には飲みやすいかもしれません。

ワインを飲んだことがない人も、年に1回のお楽しみとしてボジョレーヌーボーを家族や友人、仲間とワイワイ楽しむのも素敵ですね!

ボジョレーヌーボーをワイングラスで楽しむなら、飲み口が狭いタイプのワイングラスがオススメです。ボジョレーヌーボーは、香りが弱いので香りが逃げる事を防ぎます。

ボジョレーヌーボーは、近所のスーパーやコンビニなどでも気軽に手に入れる事ができますので、今年はぜひ、楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪