もうすぐ赤ちゃんが生まれるというプレママ・パパのみなさんは、我が子にどんな名前をつけようかと悩んでいるのでは?

ただ好きな名前をつけると良いというものではなく、画数や使う漢字などいろいろ調べて、縁起のよい名前をつけてあげたいですね。

ここでは、縁起のよい漢字を使った名前を男の子、女の子それぞれに分けて紹介します。また意外と知らない避けた方が良い漢字も併せて紹介。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まず知っておきたい、避けた方が良い漢字

漢字の成り立ちの由来だけでなく、その文字にどんな解釈があるかも判断の基準となります。

「死」などを連想させる縁起の良くない漢字

「亜」(貴族のお墓)、「久」(病気の人を支える)、「真・眞」(災いにより命を落とした死者のこと)

わがままな子に育ちやすい王族・貴族に関する漢字

「妃」、「皇」、「貴」、「王」、「后」、「帝」、「諱(いみな)」、「陛」、「宮」

健康運が下がる水にまつわる漢字

「汰」(濁った水)、「淀」(汚れた水)、「澱」(汚れた水)、「滞」(水が汚れて流れない)、「波」(定まらない水の動き)

活力のない子になりやすい空間を表す漢字

「宇」、「宙」、「虚」、「窪」、「明」、「広」、「空」

気性荒い子になる可能性のある武器や戦闘に関する漢字

「刀」、「刃」、「銃」、「武」、「剣」、「竿」、「射」、「闘」、「戦」、「争」、「競」、「軍」、「投」、「兵」

幸せと不幸は紙一重!幸福すぎる漢字は命名には不向き

「優」、「秀」、「満」、「万」、「才」、「光」

さらに花や植物にまつまる字は枯れてしまうから、動物は人生が短いから、天気は変化が激しいため不向きとする説もあります。

また名前の頭文字が「3、5、9、13、15、19、23画」のものは姓名学では不運に繋がるといわれています。

ぜひ使いたい、縁起のよい漢字はコレ!

縁起のよい漢字は、姓名判断にかかわる画数、成り立ちの由来・解釈がポイントとなってきます。

中山雲水氏が選んだ縁起の良い漢字22

姓名判断研究家として有名な中山雲水氏が選んだ縁起の良い漢字22は以下の通りです。

「佑」、「祐」、「紀」、「友」、「貴」、「実」、「海」、「由」、「佳」、「麻」、「映」、「侑」、「拓」、「智」、「紘」、「知」、「未」、「元」、「恵」、「瑛」、「修」、「章」

左右対称の一文字

また、左右対称の一文字は総合的に運勢が高まり、縁起が良いとされています。

sponsored link
男の子
「亘」、「嵩」、「崇」、「貴」、「真」、「高」、「昌」、「晶」、「章」、「大」、「音」、「士」、「尚」、「央」、「早」、「英」、「圭」、「一」
女の子
「円」、「栞」、「茜」、「蘭」、「南」、「華」、「杏」、「春」、「里」、「晶」、「美」、「奈」、「果」

画数やバランスも考えよう!

縁起の良い漢字を見ましたが、漢字の画数にも注意しましょう。三原則は健康運・家庭運・社会運の画数をバランス良く配置することです。

健康運があがるとされる漢字

男の子 「勇」(すこやか)、「健」(げんき)
女の子 「加」(くわえる)、「果」(おこなう)

家庭運が上がるとされる漢字

男の子 「大」(りっぱな)、「輝」(きらめく)
女の子 「未」(おわらない)、「芽」(めばえ)

社会運が上がる漢字

男の子 「航」(空をとぶ)、「聖」(道をきよめる)
女の子 「怜」(かしこい)、「利」(技量がある)

また画数には、

総格(そうかく)…総合的な運勢があらわれる画数

外格(がいかく)…対人関係や周囲からの印象などがあらわれる画数

地格(ちかく)…生まれてから35歳前後までの運勢があらわれる画数

人格(じんかく)…35歳以降55歳までの運勢があらわれる画数

天格(てんかく)…家系の流れ、55歳以降の運勢があらわれる画数

があり、それぞれのバランスで運勢が決まるそうです!

男の子におすすめの縁起の良い名前例

大和(やまと)、雄大(ゆうだい)、(颯太)そうた、(翔平)しょうへい、(悠真)ゆうま、智大(ともひろ・ゆうだい)、拓真(たくま)、修一(しゅういち)、友尚(ともひさ)、瑛士(えいじ)

女の子におすすめの縁起の良い名前例

七海(ななみ)、愛美(まなみ)、未結(みゆ)、恵麻(えま)、恵(めぐみ)、杏未(あんみ)、由紀恵(ゆきえ)、円果(まどか)、南由(なゆ)、佑里(ゆうり)、麻奈(まな)

また、中山雲水氏は書籍で「佳」と「理」の文字は美形になりやすいとしていますので、

麻理(まり)・麻理佳(まりか)・由佳理(ゆかり)・美佳(みか)

などもおすすめです。

まとめ

縁起のよくないと「真」という字も、左右対称という点でみれば縁起の良い字になります。

あれもこれも使えないと悩むのではなく、一番大切なことは、親が一生懸命考えて選ぶということではないでしょうか。

姓名判断は一種の縁起担ぎのような一面もあるかもしれません。どう育ってほしいかの願いを大切に、人生に希望の持てる名前をつけてあげましょう。