ハロウィン折り紙の簡単な折り方!立体もアリ!ハロウィンの飾りにどうぞ♪

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

毎年10月31日はハロウィンです。ここ十年くらいの間に、ハロウィンと言うイベントもすっかり日本に定着し、ハロウィンが近くなると、街ではオレンジと黒のデコレーションがあちらこちらで見られますね。ここでは、折り紙で簡単に作れる飾りの折り方をご紹介します。是非、ハロウィンに向け、お子さんと一緒に作ってみましょう。

スポンサードリンク

ジャック・オー・ランタン

ハロウィンの主役は、何と言ってもかぼちゃのちょうちん「ジャック・オー・ランタン」ですね。本物のかぼちゃをくりぬくのは大変そうなので、ここでは折り紙で簡単にジャック・オー・ランタンを作ってみましょう。これから作り方を三種類ご紹介しますね。

簡単な平面飾り

折り紙ハロウィン!簡単かぼちゃの折り方|ジャックオーランタン

大きめのオレンジの紙を用意して始めてみましょう。これは比較的簡単ですので、幼稚園のお子さんでも自分で作ることができると思います。ただ、角を合わせる部分がちょっと多いので、きちんと合わせるように指導してあげてください。最後に顔を描きますので、黒のマーカーも準備しておいてください。

簡単で立体的な風船パンプキン

折り紙 ハロウィン 風船かぼちゃ【簡単 おりがみの折り方】ジャックオーランタン

オレンジの紙で風船を作り、それにパンプキンの顔を描いたものです。簡単なのに立体感があり、自分で作った風船パンプキンが膨らんだ時にはお子さんも大喜びでしょう。黒のマーカーで顔を描いたら完成です。

ちょっと高度な立体パンプキン

HALLOWEENハロウィン【折り紙origami】How to[Pumpkin solid]立体的なかぼちゃの折り方

これもオレンジの紙と黒のマーカーが必要ですが、その他に両面テープも使うちょっと高度な折り方です。幼稚園のお子さんには難しいもしれませんが、立体感が美しく、お母さんの腕の見せ所です。下に紹介する帽子と組み合わせると、結構本格的な飾りになりますよ。

sponsored link

立体パンプキンの帽子

HALLOWEENハロウィン【折り紙origami】How to [witch hat solid]立体的な帽子の折り方

上で紹介した立体パンプキンにかぶせる帽子です。動画では紫の紙で折っていますが、黒の紙の方がハロウィンらしさが出せるので良いかと思います。立体パンプキンよりはずっと簡単なので、お子さん一人でも作れるかもしれません。

個性的な脇役たち

かぼちゃのランタンの他にも、ハロウィンには個性的な脇役たちがたくさんいます。その中の幾つかの飾りの作り方をご紹介します。

コウモリ

ハロウィン簡単なこうもりの折り方

黒の折り紙を用意してください。これは立体的ですが、比較的簡単です。最後の仕上げの段階でちょっと細かい作業が入るので、そこはお母さんがお手伝いしてあげなくてはならないかもしれません。紙飛行機みたいな感じで、男の子たちが喜びそうな飾りです。

ゴースト

ハロウィーン 折り紙のオバケ

簡単に作れるゴーストです。白の紙と黒のマーカーを用意してください。これはお子さん一人でも十分作れると思います。幾つか作って、それぞれに個性的な顔を描いてあげましょう

魔女

折り紙 Origami・まじょ

黒と薄いオレンジかベージュの折り紙を用意して下さい。最初の部分でハサミを使いますので、小さいお子さんには注意してあげてください。魔女作りの部分は細かい折り込みが多いので、お母さんが手伝ってあげるとキレイにできると思いますよ。

スカル

折り紙 ハロウィン ガイコツ 折り方

これもとても簡単なので、お子さん一人でも十分に作れます。白の折り紙で折って、最後に顔を描いたらできあがりです。お子さんと大きな目を描いてみましょう。

おわりに

如何でしたでしょうか。ハロウィンの飾りは、その時期になるとあちこちで買うことができますが、今年は買わずに、お子さんと一緒に手作りの楽しみを味わいましょう。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪