紅葉情報2016関東特集!関東の紅葉ならココでしょ!紅葉スポット10選!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

スポンサードリンク

秋の行楽シーズン!一度は行きたい紅葉スポット10選!

出典:k-kabegami.com

秋の気配が感じられるようになると行きたくなるのが「紅葉狩り」ですね。

関東圏で紅葉を見に行こうとしている方のために、2016秋の紅葉情報と、一度は観ておくべき紅葉スポット10選をご覧ください!

東京都内やその近郊でこんなに素敵な紅葉スポットが…。

一言に「紅葉」といっても、その場所の景観や演出、彩る木々の種類によって様々な表情を見せてくれますね。

では、関東圏で観ることのできる紅葉はどんな姿を見せてくれるのか…?

ランキング形式で順番にご紹介していきます!

10位・秋川渓谷(東京都あきる野市)

出典:7d-photo.asablo.jp

渓谷を彩る紅葉と、下を流れる川の青さとの対比が美しいです。こんなにダイナミックな自然が東京にあったんですね。

また、近くには日帰り温泉や足湯のスポットもあります。キレイな紅葉を眺めながら身体を温めると、日ごろの疲れもどこかへ飛んで行ってしまうことでしょう!

【アクセス】新宿駅 (中央線・青梅線・五日市線:ホリデー快速)→武蔵五日市駅:所要約60分

9位・芦ノ湖(神奈川県箱根町)

出典:car-me.jp

箱根にある芦ノ湖では、遊覧船(箱根海賊船)で湖上からの紅葉を楽しむことができます。

また、天気がよければ、芦ノ湖スカイラインから、富士山をバックにした贅沢な紅葉の景色を目にすることができるかもしれません。まるで絵葉書のようなその光景に出会えたら感動ですね!

【アクセス】新宿駅(小田急ロマンスカー)→箱根湯本駅:所要約85分
車→

8位・いろは坂(栃木県日光市)

出典:world5374.dreamlog.jp

日本の道100選のひとつでもある「いろは坂」は、ドライブ好きの方にはもってこいの観光スポットではないでしょうか?

名前の由来にもなっているのが坂の数。上りと下りで合計48のカーブがあることから「いろは」が「48文字」あることにちなみこの名がついたのだそうです。

標高差が大きいので、上から徐々に紅葉していく様を眺めることもできます。また、ロープウェイを利用して展望台まで行くと、それはもう壮大な大パノラマを満喫できます。

【アクセス】
車の場合:清滝IC(日光宇都宮道路)から奥日光方面へ約20分
電車の場合:新宿駅(東武直通特急)→東武日光駅:所要約120分

7位・小石川後楽園(東京都文京区)

出典:blogs.yahoo.co.jp

元水戸藩屋敷の庭園であった特別名勝・史跡となっている小石川後楽園。東京都内の風景とは思えない侘び寂びのあるしっとりとした紅葉風景ですね。

モミジが約500本もあるそうなので、赤く美しい紅葉を見せてくれることでしょう。江戸時代からの史跡とモミジのコンビネーションを眺めてゆっくりと散歩してみたい場所です。

【アクセス】飯田橋駅下車(JR総武線)徒歩8分

6位・長瀞(埼玉県秩父郡)

出典:www.maruyama-kousen.co.jp

こちらは、秩父・長瀞町の月の石もみじ公園のライトアップ風景です。
燃えるように鮮やかで幻想的な風景ですね!晴れた日中の青空に映える紅葉も素敵ですが、夜にみる紅葉もこんなに素晴らしい…。きっと周囲からは虫の音も聞こえてきたりするのではないでしょうか?

sponsored link

長瀞町では、この月の石もみじ公園の他、荒川流域の紅葉風景を楽しむ「長瀞ライン下り」や、橋の上からの紅葉を楽しめる「金石水管橋」やロープウェイで行く「宝登山」など見どころいっぱいとなっています。

【アクセス】池袋駅(西武池袋線・特急)→西武秩父駅まで約80分→
お花畑駅(秩父鉄道)乗換え(徒歩10分)→長瀞駅まで約20分:所要合計約110分
※土日祭日は池袋駅から長瀞駅直通電車あり

5位・明治神宮外苑(東京都新宿区)

出典:www.tokyospot.jp

こちらも都内の紅葉スポット。この風景、どこかで見たことあるかたが多いのではないでしょうか?

青山通りから聖徳記念絵画館に向かって約300mに及ぶこのイチョウ並木は、数々のドラマ等の撮影スポットとしても有名です。

見事に黄金色に染まったイチョウのトンネルと絨毯。一日の時間の流れの中で、様々な顔を見せてくれることでしょう。大自然の中の紅葉とはまた一味違った都会の紅葉を楽しむことができます。

【アクセス】信濃町駅下車(JR総武線)徒歩5分

4位・養老渓谷(千葉県市原市)

出典:www.odakyubus.co.jp

養老川によってつくられた渓谷は、四季を通じて楽しめる観光スポットです。

特に秋は、渓谷へ注ぎ込むように生い茂る木々の紅葉が素晴らしく、川面に映った赤や黄色が心に染み入るようです。

周辺には温泉も多数ありますので、日帰り入浴を楽しむもよし、一泊してゆっくりするのもよしです。

【アクセス】
車の場合:市原IC(館山自動車道)から約32km
電車の場合:東京駅(JR総武本線快速:約40分)→千葉駅(JR内房線:約15分)→五井駅(小湊鉄道:約60分)→養老渓谷駅:所要合計約115分

3位・六義園(東京都文京区)

出典:blogs.yahoo.co.jp

都内にある紅葉スポットで有名な場所のひとつが六義園です。
ここは、江戸時代を代表する二大大名庭園の一つで、あの有名な五代将軍徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保によって造園された庭園。

美しく整えられた庭園の紅葉は、ダイナミックさとは違う優等生的な魅力を醸しだしているように感じられます。

【アクセス】駒込駅下車(JR山手線)徒歩7分

2位・那須高原(栃木県那須郡)

出典:aisu01.com

那須岳の山肌と紅葉のコントラスが素晴らしい。
そして、茶臼岳の山腹から頂上にかけてかけられたロープウェイから見る眺望も圧巻です。

本格的な登山で紅葉を満喫するのもよいのですが、ロープウェイで9合目からの簡単な登山を楽しむこともできます。

活火山である茶臼岳の火口から立ちあがる噴気、荒々しい岩肌に映える紅葉…すべてから大自然のパワーがみなぎっているようです。

【アクセス】
車の場合:那須IC(東北自動車道)下車
電車の場合:東京駅(新幹線なすの)→那須塩原駅:所要約75分

1位・高尾山(東京)

出典:kouyou.yahoo.co.jp

標高599mの高尾山は、都心から電車で1時間ほどで行ける行楽地です。秋の紅葉シーズンは特に人気が高いスポットとなっています。

ここはぜひ、ケーブルカーに乗って秋を満喫してください。麓と山頂では見ごろの時期が違うので、紅葉が移り変わっていく姿も垣間見れますね。

【アクセス】新宿駅(JR中央線)→高尾山口駅:所要約44分(特別快速使用時)

おわりに

いかがですか?どこも素敵な紅葉だらけで、一体どこへ行っていいのかますます迷ってしまった私です…。

「さて、今年はどこでどんな紅葉を観ようか」と家族で計画を練るのもまた楽しみのひとつですね!

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪