年賀状の準備をしなくてはいけない季節になりましたね。

最近は、本屋さんに行くと、お手頃価格の年賀状ソフトがたくさん販売されているので、それを使えば、あっという間にオリジナルに近いものが出来上がります。

お友達など気心知れた相手に出すのなら、特に悩むことなく、アドバイスも必要ないでしょう。

しかし! 社会人になって、上司に年賀状を書かなくては!となった時、お友達と同じように「ソフトでサクサクッと印刷しちゃえ!」って訳にいかないって知っていましたか?

今回は、会社の上司に年賀状を出すときのマナーをまとめてみました。

一言メッセージの書き方や、添え書きの文例など、社会人としてのマナーがしっかり身についているような、年賀状の書き方教えちゃいましょう。

スポンサードリンク

会社の上司へ送るビジネス年賀状とは?

出典:nenga.digitallemon.co.jp

気心知れた友人や親せきなどに出す年賀状なら、かわいいイラストやカラフルな文字使いでも、オリジナリティがあって喜ばれますよね。

または、めったに会わない親戚などには、定型文を印刷しただけのものでも、問題ない時もあります。

しかし、会社の上司に送る年賀状は、書式や言葉遣いなどマナーがしっかりあります。

そして、出来上がったら、投かん期間は必ず守るようにします。どんなによく書けても、1月1日の元旦当日に到着しなければ、マナーとしては完成していません。

12月15日から12月25日までに、投函できるように、早めに準備しましょう。

ビジネス年賀状のマナー

出典:www.wanpagu.com

友人に出す時とは異なって、「あけおめ!」や「HAPPY NEW YEAR」などの書き出しは絶対NGです。

sponsored link

いくら気心知れた上司であっても、年賀状は新年の最初のご挨拶になることはお忘れなく。

まず、「賀詞」と呼ばれるものがありますが、ご存知ですか?

賀詞とは、年賀状のスタートに書くもので、「賀正」や「迎春」、「賀春」などもありますが、これらの2文字のものや、「寿」など1文字ものは省略している印象になるので、会社の上司に使うのはできれば避けたいですね。

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 謹んで新春の寿ぎを申し上げます

といったものであれば、丁寧さも増しますから、賀詞にはこういったフレーズを使ってみましょう。

また、年賀状には「去る」「破れる」「失う」といった忌み言葉を入れるのは厳禁です。新年から縁起の悪い言葉を入れこまないよう注意が必要です。

上司への年賀状文例

上司への年賀状は、表書きも裏書も、基本的には、黒のインクで手書きすることをお勧めします。

裏書はある程度印刷であっても、必ず手書きで一言添えるようにすることが、マナーとして大切です。

基本的な流れですが、

  • 新年を祝う言葉
  • お礼の言葉
  • こちらの近況や目標
  • 相手側のご多幸を願う言葉や新年もお付き合いいただきたい旨の言葉
  • 日付

となるのが、一般的です。

文例1

新年おめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
入社して二年目の今年は、目標を見据えてしっかり頑張っていきたいと思っております
本年もよろしくご指導賜りたく存じます

平成二九年 元旦

文例2

謹賀新年
日頃から親身なるご指導、ご鞭撻いただき本当にありがとうございます
本年も○○さんの元、ご期待に沿えるよう精進いたす所存でございます
年頭にあたり、本年も変わらぬご指導お願い申し上げますとともに、ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

平成二九年 元旦

年賀状では、句読点は入れませんのでご注意を!

おわりに

私も、もっぱら年賀状作成ソフトに頼りっぱなしで、それぞれ送る相手に合ったイラストを選んだり、それなりに楽しんで作っていました。

でも、数年前から手書き筆絵を習い始めて、昨年から裏書も表書きも手書きで作っています。

作成ソフトを使っていた時よりも、面倒かな…と思いきや、何だか小学生の頃に戻ったようで、意外に楽しいです。

メールやラインで新年の挨拶を済ませてしまう傾向が増えつつあるかもしれませんが、逆にそういう時代だからこそ、手書きで送ることの大切さと、楽しさを味わえるかも!