通常でしたら生理予定日+生理周期の日数+1週間から妊娠検査薬での検査ができるようになるのですが、その前に検査をすることを総じて「フライング検査」といいます。

フライング検査では、「陽性反応は出たけど薄い」「陰性から陽性になった」など、不確実な要素もたくさんありますので、通常の期間での検査が推奨されています。

早い方では、妊娠3週目、つまり生理予定1週間前から生理予定日当日の間に陽性反応が出た方も多数いますが、フライング検査はあまりおすすめできません。

その理由や、それでも検査をする場合の注意点などをまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

陽性反応が薄い場合は?

出典:qsota.com

妊娠検査薬を使って検査をした時、薄い線でも線が見えた場合は妊娠の可能性が高いでしょう。

妊娠検査薬は、妊娠ホルモンに反応して線が出ます。フライング検査の場合は時期が早く、まだホルモン量が少ないため薄い色の線になったことが考えられます。

また尿自体が水分のとりすぎなどで薄かったことも原因として考えられます。日を改めて、再度検査をしてみてください。

妊娠検査薬、陰性から陽性になった?

出典:www.exhealth.com

早い時期のフライング検査の場合、陰性の判断が出た後の検査薬で時間が経つと陽性に変わった!ということが多々あるようです。

30分後であったり、2時間後であったり経過時間はまちまちですが、陰性の時にはぜひ捨てずにもう一度みてチェックしてください。

早期妊娠検査薬について

出典:www.verywell.com

一般的な妊娠検査薬の他に「早期妊娠検査薬」というものがあります。こちらは名前のとおり、これまでの妊娠検査薬より早い時期に判断ができる検査薬です。

どこで買えるの?精度は?

日本では法律で薬剤師さんから直接、購入することしかできない種類の医薬品になっています。薬剤師がいて、なおかつ取り扱いのある薬局、もしくは個人輸入やインターネット通販からの購入になります。

早期妊娠検査薬は、一般的な妊娠検査薬の半分のホルモン量で判定が可能なため、着床してからすぐの検査ができるようになります。

この検査の時期は、各メーカーで違いはありますが、中には生理予定日の6日前から判定可能なものまであります。が、この場合の精度はかなり低いようです。

sponsored link

正確性は生理予定日に近付く程に高くなります。生理予定日4日前くらいですと、メーカーによりますが50%代の物が多いです。ただ、予定日当日では99%以上になります。

一般的な妊娠検査薬をつかって、通常の期間での判断と変わらない精度ですね。信頼のおける判定であると言えそうです。

早期妊娠検査薬の使い方は?

市販の妊娠検査薬と同じで、判定する部分に尿をかけ待つ、という使い方のものが多いのですが、検査薬によっては尿をとって浸しておくというタイプのものや、違う使い方のものもあります。

妊娠判断は、とても大切な検査になりますので、説明書をしっかり読んで正しく使うようにしましょう。

早期妊娠検査で陽性が出たら?

通常の妊娠検査薬で判明した場合には、すぐに産婦人科にいくことをおすすめするのですが。早期の場合には少し違います。

というのも、産婦人科の診療で「妊娠です」と言えるのは、赤ちゃんの心臓が動くのを確認できるまで胎児が育ってからなんです。それまでに行っても「後日、また来てください」となってしまいます。

ですので、早期妊娠検査で妊娠がわかったとしても、通常の検査ができる期間まで待ってから産婦人科にかかることになります。

検査前に知ってほしい、化学流産について…

出典:financialspots.com

妊娠検査薬を使うことを推奨できる日は生理予定日から1週間後となっています。フライング検査をすることを暗にとめているのですが、その理由は「化学流産」を知ってしまう可能性があるからです。

実際にフライングで検査をしたために、化学流産に気付いてしまったという妊婦さんは残念ながらとても多いです。妊娠検査薬の精度が低い頃は化学流産自体が知られていなかったようです。

出典:192abc.com

化学流産とは、受精してから通常の検査薬が使えるようになる生理予定日1週間後までに、妊娠の継続が出来ず流産してしまうことをいいます。

フライング検査を行わなければ、流産に気付くこともなく過ごせたことと思います。

また、これは決して他人事ではなく、年齢を重ねるにつれ化学流産の可能性は高くなります。40代の女性では90%以上が経験するとも言われています。

終わりに

妊娠の兆候が見つかった時に、早く結果を知りたい気持ちはわかります。…が、楽しみの期間が増えると思って、通常の期間での判断を選択するというのも1つの方法ではないでしょうか。

これから妊娠検査を行う方、フライング検査を行う前に、本当に「今」必要なのかどうかも一旦考えてみるといいと思います。

妊娠がわかればそこから十月十日の間、幸せな期間が待っています。

ほんの何日か「わからないまま過ごす期間」ごと受け入れるというのも、妊娠期間の楽しみ方の1つではないかと思います。