妊娠検査薬は、薬局で手軽に手に入れる事ができますが、案外使い方を知らない人も多いかと思います。いつから反応が出るのか、反応が出た場合、どんな風に見たらいいのかなど、妊娠検査薬について調べてみました。

これから妊娠を希望している人も、あらかじめ使い方を知っておけば、いざ、使おう!という時に役に立ちます。今回は、妊娠検査薬の中でも人気の「クリアブルー」についても調べてみました。

スポンサードリンク

妊娠検査薬とは?

妊娠検査薬とは、妊娠時に分泌されるホルモン「hCG」に反応する事によって、陽性反応が出るものが一般的な妊娠検査薬の仕組みです。受精卵が子宮内膜に着床するとhCGが増加し、尿中のhCG に反応します。

尿中のhCGが、50mIU/mLを超えた状態の時に陽性反応が出るので、ほぼ確実に判定ができるであろう時期として、「生理開始予定日の1週間後以降」からの使用を勧めています。

「早く妊娠しているか知りたい」と、判定可能時期より早く使ってしまう人もいるようですが、必ず判定可能時期を守って、しっかりとした判定をしたいものです。

妊娠検査薬の使い方

出典:cdn.clearblue.com

妊娠検査薬の使い方は、簡単です!検査薬に尿をかけるだけですぐに反応が出ます。市販の妊娠検査薬は、パッケージを確認して、精度が高いものを念のため選んで使用しましょう。99%以上と書かれたものがオススメです!

妊娠検査薬「クリアブルー」は、たった1分で判定ができ、精度も99%以上の正確な判定ができるので人気が高いようです。スティックタイプの検査薬で、先端部分に尿を5秒ほどかけるだけです。

sponsored link

または、清潔な容器に入れた尿にスティックの先端を20秒ほどひたす方法でも、判定できるそうなので、自分がやりやすいと思う方法で判定することができます。

妊娠検査薬を使用する時のポイントは?

出典:192abc.com

正しい結果を知るための、妊娠検査薬の使い方のポイントをまとめました。ポイントをしっかり確認して、正しい判定結果を出しましょう!まず、先ほども書いたように、「生理予定日1週間後」を目安に検査しましょう。

次に、妊娠判定薬に適量の尿をかけないと判定を失敗することもあります。尿が多くても少なくても、検査ができない場合があるので注意しましょう。パッケージの指示をしっかり守りましょう!

基本的に、使う時間帯はいつでも大丈夫ですが、朝一番の濃い尿だと、反応がさらに出やすいのでおススメです。薄い尿だと、反応が分かりにくい事もあるので、朝が確実でしょう。

クリアブルーの判定線の見方は?

出典:08290902.blog.fc2.com

まず、「修了確認窓(丸)」に青い線が出ます。その後、「判定窓(四角)」に結果が出ますので、平らな場所に置いて待ちましょう。陽性ですと、四角い判定窓に、青い線が出ます。

陰性の場合は、四角い判定窓には青い線は出ません。この場合は、今回は妊娠反応がなかったことになります。ですが、その後も生理が来ない場合は、1週間後に再度検査をするか、病院に行って相談しましょう。

おわりに

簡単に使えて、精度も高い妊娠判定薬。ですが、使う時期や、使い方によっては、正しい判定ができません。妊娠初期は、赤ちゃんにとって非常に重要な時期です。

妊娠の早期発見は大事なことなので、妊娠判定薬を正しく使用し、妊娠をチェックしましょう!また、失敗してしまった場合は、新しい妊娠判定薬での再度の検査や、別のメーカーの妊娠検査薬を使ってみる事も良いでしょう。

生理予定日が1週間以上遅れたら、妊娠検査薬を正しく使用して、まずは自分でチェックしてみましょう!