妊娠初期にお腹の不調?下痢が続いたり、腹痛の症状、または出血がある妊婦の方は、流産の危険があるため注意が必要です。そこで、このような不安を残さないようにしっかりとその原因について探ってみましょう。

妊娠していなくても下痢の症状はつらいですよね。そのような症状が妊娠という大切な時期に頻繁に起こるようになってしまったら不安になってしまうのは仕方の無いことです。

特に初めての妊娠という方にとっては、もしかすると流産してしまうのでは?という絶対に避けたい問題に直面し、慌ててしまうのではないでしょうか?でも、まずは落ち着いて、その原因について知っていきましょう。

スポンサードリンク

妊娠後に慢性的な下痢の症状?妊娠は便秘になりやすいのでは?

出典:share.upmc.com

妊娠と言えば便秘になりやすいというイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?

ですが前触れもなく突然下痢の症状になってしまい、激しい痛みに襲われ、それが慢性的に続いてしまっているあなたにとって、お腹の赤ちゃんに影響があっては大変だという不安は当然持たれるとことだと思います。

ですがまずは安心してください。確かに妊娠初期は流産の可能性はどうしても高いものなのですが、下痢をしたからと言って流産する危険性はほとんどありません。

あくまでも妊娠による生理的な下痢なので、子宮が収縮されるような事はないので安心してくださいね。

妊娠初期の下痢の症状は赤ちゃんを育てる環境を作るための副作用

出典:www.hipwee.com

下痢で流産することはまずありませんので、過剰に心配することはありません。

どうしてそのような状態になってしまうのかというと、妊娠初期というのは特にお腹の赤ちゃんの成長が早く、子宮の筋肉が伸びて引っ張られ、そのためにチクチクと傷んだり引っ張られる、締め付けられるという痛みが生じます。

sponsored link

妊娠して赤ちゃんを育てる環境を作るために胎盤が必要となり、完成するまでには卵巣を刺激してホルモンを分泌する必要があるのですね。

ホルモンをたくさん分泌しようと卵巣が膨れ上がり、それが原因で腸が圧迫され便秘になりがちになってしまいます。体内に便が貯まる事により、体は自然に腸の活動を活発化させるため、下痢症状になり、つらい腹痛となるのです。

このように、胎盤を作り上げ、ホルモンを分泌するという赤ちゃんをお腹の中で育てるための便秘・下痢なので、妊娠し、しっかりと育てる環境を作り上げているという証拠なので、安心して過ごすようにしてくださいね。

下痢の症状を和らげる為に

出典:www.goodtoknow.co.uk

下痢の症状が流産にはつながらないのは分かったのですが、やはり下痢はつらいものですよね。

そこで、下痢をなるべく軽くするためには、まず便秘を改善する必要があります。基本的に食事はたくさん噛む、消化に良い物を選ぶなど、食生活を見直す必要があります。

まず、食事にオリゴ糖を取り入れてみましょう♪オリゴ糖をとる事によって便秘が改善され、下痢にもなりにくいのでおすすめです。

出典:www.livestrong.com

そして、下痢になってしまったりお腹が痛むときには、お腹周りを暖かくして横になりゆっくりと休むようにしてください。

自分は大丈夫という気持ちがあったとしても、お腹の赤ちゃんを休ませる必要もあります。とにかく無理はせずに生活するよう心がけましょう。

おわりに

妊娠初期におこるつらい下痢の症状。もしかすると流産の危険性もあるのでは?という疑問は解消されましたか?

しっかりと赤ちゃんを育てるための体に変化しているということなので、余計なストレスを溜めないためにも安心して過ごすようにしてくださいね。

ですが、あまりにも長期的に続いたり、激しい痛みが頻繁に起こるようでしたら迷わず病院に行くようにしましょう。すべてに言える事は、無理は禁物です。心配ごとは解消し、元気な赤ちゃんを産めるように環境を整えていきましょう。