正月太りを解消するダイエットやストレッチ法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クリスマスにお正月、年末年始は美味しいものを食べる機会が多いですよね。忙しい年末を過ごして、お正月は家族でのんびりされている方が多いと思います。

そして、のんびりし過ぎた結果、やってくるのが正月太り(^^;) わかってはいるけど、ついつい毎年食べ過ぎてしまうんですよね…。でも、なぜお正月の時期だけ「正月太り」と言うのでしょうか?食欲の秋だって美味しいものをたくさん食べますよね?

そこで、この記事では、正月太りの原因と、予防や解消方法、ダイエットやストレッチの仕方などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

なぜ正月太りに?

原因1:暴飲暴食

正月太りの原因、一つ目はやはり暴飲暴食です。不規則な時間に、普段食べるよりもたくさんの量の食事をとるので、当然太る原因になりますよね。同時にお酒を飲むことも多いので、なおさら太りやすくなってしまいます。

原因2:おせち料理

原因の二つ目は、おせち料理にあります。おせち料理は保存性をよくするため、塩分や糖分が多めに使われています。塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分の濃度を薄めるために体内に水分がたくさん必要になるため、体がむくみ、太る原因になってしまうのです。

原因3:運動不足

忙しい年末を過ごし、お正月は家でゴロゴロ、のんびりとテレビを見ながらおせち料理を食べる、なんていう方が多いのではないでしょうか?食べるだけで、体をあまり動かさなかったら、当然太る原因になりますよね。

また、運動不足はリンパの流れを悪くしてしまうため、体がむくんで、さらに太ってしまう原因に!

正月太りを予防しよう!

正月太りを予防するためには、やはり「食べ過ぎない!」ことが一番です。

とはいえ、せっかく美味しいものが目の前にたくさんあるのに食べないなんて無理!という方は、一口二口で我慢することを心がけましょう。甘いものや炭水化物系のものは控えめにし、海鮮やお豆の料理を主に食べるといいですよ。

また、適度に体を動かすようにしましょう。運動不足+体の冷えで体がむくみやすくなってしまうので、防寒対策をしっかりして、積極的に外へ出るようにしましょう。

sponsored link

正月太りを解消するダイエット

短時間の運動を積み重ねて

正月太りをしてしまったけど、ダイエットのために長時間運動をするのは大変です。でも大丈夫!少しずつでも運動量を増やしてみましょう。

たとえば、普段はエレベータに乗ってしまうところを、階段を使ったり、バスにのる区間を徒歩にしてみたり、電車内ではイスに座らずにかかとを少しだけ上げて立ってみましょう。

週末だけでも、ゆっくりした速さでいいのでジョギングするのも効果があります。

食事を見直してみよう

食べ過ぎが正月太りの原因の一つですから、それを解消するには食事制限も有効です。

消化の良い、カロリーが低いものを主に食べるようにしてみてください。もちろん塩分は控えめで。食物繊維を多く含んでいるものを最初に食べることで、血糖値の上昇を抑えてくれるので、ダイエットには効果的です。

体を冷やさないために、温かい食べ物をたくさん食べるといいですね。また、生姜を紅茶など温かい飲み物に入れて飲むと代謝が促進されて、ダイエットに効果がありますよ。

ストレッチしてみよう!

ジョギングや運動をする時間が取れない場合は、家の中でストレッチをしてみましょう。

正月太りの原因の一つ、むくみの解消に効果的なのがリンパストレッチです。リンパストレッチを継続的に行えば、老廃物が流れやすくなり、代謝もアップして、痩せやすい体質になります!

下半身をスッキリするリンパストレッチ

1.床に仰向けに寝て、手のひらを下にして腕を脇に添えます。
2.両膝をまげて、胸に向けて持ち上げ、ひざを伸ばして、体を90度に曲げます。足の裏は天井に向けて90度に。
3.両手で膝の裏を持って、体を持ち上げ、おへそを見るようにして、そのまま10秒間キープします。これを3回、繰り返しましょう。

足首を細くするリンパストレッチ

1.正座をして、片足だけ立たせて胸に付くように曲げます。立たせた足のつま先は、膝より前に出ないようにしましょう。
2.立たせた足を両手で抱えて、体をゆっくり前に倒します。ふくらはぎが伸びているか意識してくださいね。そのまま10秒キープしましょう。
3.反対側の足も同様にして、これを3回繰り返しましょう。

ストレッチをする際はやり過ぎないように注意しましょう。痛みを感じるくらいにやってしまうと逆効果になってしまいます。筋肉をつけるのでなくリンパの流れをよくするためなので、気持ちがいいくらいがちょうどいいですよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

太るとわかっていても、ついつい美味しいものをたくさん食べてしまう年末年始ですが、やはり太るより痩せるほうが断然難しいですよね。

来年はぜひ、正月太りにならないように、食べ過ぎ、飲み過ぎには注意してください!

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪