季節の移り変わりは本当に早いですよね。つい最近まで、熱帯夜だ、台風だなんて夏から秋への話題で持ちきりだったはずなのに、昼間の空が高く感じるころには、街中も徐々にクリスマスの関連商品が目に付くようになってきました。

「もう、クリスマスか…」なんて思うのは、クリスマスソングを耳にするときっていう人、多いですよね。

ふとしたときに、街中やラジオなどで、流れてくるのが、定番のクリスマスソングだったりしたら、つい口ずさんだりしちゃいませんか?

これから、自宅で家族でクリスマス気分を満喫しようというときに、みんなはどんな曲チョイスするのかな? あるいは、友達誘ってクリスマスパーティするときに、どんなBGMなら盛り上がる?

そんな人に、定番なクリスマスソングを集めてみました!「そう!これこれ!」って思うものから、「この人もクリスマスソング歌っているんだ!」なんても
のまで紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

クリスマスソングの定番ランキング!

出典:cdn-pcwallart-com

1位 山下達郎「クリスマス・イブ」

やはり、この曲なければ、クリスマスは語れないほど、日本人の老若男女問わず、一番聴いているクリスマスソングですよね。

2位 稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」

この曲は、ドラマの主題歌として大ヒットした曲です。20年以上前の曲ですが、懐かしいと思う大人に支持される一曲です。

3位 桑田佳祐「白い恋人たち」

CMソングに起用された、これも冬になったら、毎年聴く名曲です。クリスマスという単語は出てこないものの、冬=クリスマスと思わせてくれるものです。

sponsored link

これ以降は、おススメクリスマスソングをいくつかピックアップしていきます。

松任谷由実「恋人がサンタクロース」

BoA「メリクリ」

カズン「冬のファンタジー」

辛島美登里「サイレント・イヴ」

ドリームズカムトゥルー「雪のクリスマス」

B’z「いつかのメリークリスマス」

まだまだ定番で長く愛されているクリスマスソングはたくさんありますが、最近の歌でも、これから定番になっていくようなものもありますよね。

■西野カナ「クリスマスラブ」
■ソナーポケット「Xmasラブストーリー」
■嵐「あの日のメリークリスマス」
■EXILE「ラストクリスマス」
■安室奈美恵「WhiteLight」

年代にもよるのかもしれませんが、この季節は新旧問わず、また、洋楽邦楽問わず、よいクリスマスソングが長く歌われるとよいですね。

また、同時に、クリスマスの本来の意味を忘れないように、賛美歌や教会の歌なども自然に口ずさんめるよう、子供たちには伝えていけるといいですね。

おわりに

子供の頃は、クリスマスソングと言えば、「真っ赤なお鼻の、トナカイさんは~」とか、「き~よし~この夜~」などが、一般的だったような気がします。

最近はランキングでも常に上位の、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」がすっかり定番になっていて、これを聴くと、いろいろなクリスマスのシーンが浮かびます。

この曲、CMやドラマなどでも、繰り返し使われていますが、いつ聴いても古臭さを感じず、新鮮な思いがするのは、不思議ですよね。

30年以上前の曲とは思えませんが、誰の心にも、そんなクリスマスの定番曲ってあるのでしょうね。

家族や、恋人、友人たちなど、それぞれのクリスマスソングを披露しあうのも、世代や年代によって、バラエティに富んでいて、盛り上がるのではないでしょうか!

あなたにとって、とっておきのクリスマスソングは?と聞かれたときに、さあ、なんて答えるのでしょうね!