卵巣嚢腫茎捻転とは?症状や予防法は?原因は何なの?

sponsored link

婦人科健診などで、偶然見つかることの多い「卵巣嚢腫」。卵巣に液体物が滞留して大きくなったものが卵巣嚢腫と呼ばれ、卵巣腫瘍の一つです。単独のことならまだしも、それと併発して発症する「卵巣嚢腫頚捻転」というものがあり、油断できない病気です。

もう名前を聞いただけで怖くなりますが、女性としては見逃せない言葉でしょう。特定の病気になる確率は普通に考えれば低いものですが、どんな病気なのか、また予防法などはあるのか、気になるところを調べていきましょう。

卵巣嚢腫頚捻転とは?


出典:www.medthical.com

卵巣嚢腫茎捻転とは、簡単に言うと、卵巣を支えている靭帯がねじれてしまうことです。卵巣に腫瘍が出来てそれが大きくなってしまったときに支えきれず、卵巣がひっくり返ったようになることを言うのですが、稀に卵巣が正常な状態でも、支えている靭帯が捻じれてしまうことがあります。

また、「捻じれかけ」の状態のときもあります。運動をしていたり、くしゃみをしたときにぎゅっと強烈な痛みが患部に走ります。ですが、その痛みは一瞬か数秒で治まります。そんな時は、「捻じれかけ」ているのかもしれません。

卵巣嚢腫頚捻転の原因は何?


出典:cdn.shopify.com

頚捻転になる原因は、に記しましたが、卵巣嚢腫になり、支えていた靭帯がその重さに耐えきれなくなったことにあります。

ただ、卵巣嚢腫によって周辺の臓器が癒着していることがあり、その時は癒着を起こしていることから頚捻転にはなりにくいと考えられています。

sponsored link

卵巣嚢腫頚捻転の症状は?


出典:www.healthline.com

体感する多くの症状は、下腹部、特に患部側の部分が突然激しく痛みます。その痛みは、お腹をえぐられるような、きりで突かれるような耐え難い痛みです。

私の経験では、体の向きを変えたり、くしゃみをしたときに突然痛みが走りました。痛いところをお腹がへこむくらい手で押して必死に耐えました。お腹を押すと、痛みが少し和らぐような気がしました。

その他には、不快感、腰痛、不正出血といった症状があげられます。これらの症状を我慢して、万が一卵巣嚢腫頚捻転であった場合、大変危険な状態になることがあります。

捻じれた部分の血流が滞り、壊死する危険性が出てきます。それだけではなく、卵巣嚢腫が膨れ上がり、破裂してしまうことさえあるのです。また、滞った血液が血栓を作り、他の場所で血流が妨げられ命にかかわる事態にもなりかねません。

予防法はある?


出典:bookinghealth.info

卵巣嚢腫頚捻転とはどのようなものか分かりましたが、軽視できない病気であることが分かりました。頚捻転になる前兆は感じることが出来るのでしょうか?

私は卵巣嚢腫も頚捻転も経験しましたが、強いて言うなら不正出血があったように思います。でもそれは症状で前兆ではないのですが、受診するきっかけにはなります。

そしてそれを予防することは出来るのか?

はっきり言って、予防は出来ないでしょう。定期的な健診が病気を知る手がかりになるとしか言えないのです。

おわりに

卵巣嚢腫茎捻転とは?症状や予防法は?原因は何なの?については以上となります。これはあくまでも私の経験ですが、私は筋や靭帯が弱く胃下垂であったり、すぐに靭帯を切ったり伸びてしまったり怪我が絶えません。ですので、靭帯が弱い人はもしかしたらなりやすいのではないのか?と思ってしまいます。

なってしまうと本当に辛いので、ぜひ定期的な健診で防いで頂ければと思います。

sponsored link