最新!目黒川桜まつり2018の期間と現在の開花状況。ライトアップも!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

春のイベントと言えば、お花見ですよね。毎年人気のあるお花見スポットはいろいろありますが、今回は目黒川の桜まつりについて調べてみました。

2018年の目黒川桜まつりの期間や、開花状況、毎年人気のライトアップ情報などもまとめてみますね。

スポンサードリンク

目黒川の桜の見頃は?

目黒川沿いには、ソメイヨシノが800本植えられているって知っていましたか?

目黒川は8kmに及びますが、その半分ほど4km弱の道のりに、それだけの数の桜があるのですから、満開になる頃には、本当に見ごたえある桜並木になっています。

2018年、目黒川桜まつりについて

目黒川の桜まつりは、場所取りの宴会が禁止されていますので、散策しながら楽しむ形になっています。

桜並木の見頃は例年、3月下旬から4月上旬になります。

2018年は、3月半ばに急に春から初夏を思わせる陽気になりましたが、その後は平年並みになるようなので、例年とそれほど変わらないのではと思います。

見頃に合わせて行われる桜祭りですが、毎年時期をずらして2か所で開催されています。

中目黒桜祭り

こちらは中目黒駅前商店街振興組合が開催する方です。
毎年4月の第一日曜日に行われます。こちらは雨天の場合、中目黒GTホールでの開催になります。
目黒川と蛇崩川の合流点である遊び場が会場になります。会場までは、中目黒駅が最寄りになります。
音楽やダンス、様々なパフォーマンスが繰り広げられ、お花見客を大いに盛り上げてくれます。

イーストエリア目黒桜まつり

こちらは、権之助坂商店街振興組合が開催する方です。
毎年4月の第2土曜日と日曜日の両日開催されます。中目黒桜祭りに行きそびれたとしても、こちらでも楽しめます。こちらは、雨天決行になります。

田道広場公園、田路ふれあい広場が会場になります。
こちらは、数多くの模擬店が出店され、お腹も満足な桜祭りです。
大人気のゆるキャラや若手の芸人さんたちも出演するコーナーがあるので、小さなお子様から年配者まで、家族やカップル、お友達同士でも非常に盛り上がることができるでしょう。

2つの会場とも、駐車場などは完備されていません。アクセスもいくつかあるので、自動車での来場は避けた方が良いでしょう。

トイレなども臨時で設置はしていないので、近くの公園などを利用することを念頭において、事前にチェックしておくと良いかもしれませんね。

また、どちらの会場でも、宴会や騒音などは一切禁止されていますし、歩きながらのグルメを楽しむときでも、ごみのポイ捨てなどはしないように、マナーを守ったお花見にするようにしっかり心掛けましょう。

また、会場周りの植え込みなどにも立ち入ったりしないよう注意が必要です。

目黒川桜まつりの開花状況やライトアップは?

桜まつりの時期は決まっていますが、開花状況はお祭りの都合に合わせてくれるわけではありません。

そこで気になるのが、実際の開花状況です。以前は目黒区のホームページなどでも、情報が開示されていましたが、現在はそういった情報を載せていないようです。

sponsored link

その代わり、中目黒の桜並木に定点カメラが設置されており、リアルタイムな開花状況を知ることができますよ。

中目黒の桜並木定点カメラ

また、中目黒の駅を挟んだ天神橋から蓬莱橋にかけては、開花に合わせてライトアップが行われます。日没と同時にライトアップされるので、昼間と違った幻想的な桜も楽しめます。

中目黒エリアは、住みたい街ランキングの上位常連であるほど、おしゃれなエリアです。桜並木も楽しみながら、おしゃれなカフェや雑貨屋さんなども楽しめます。

シートに座っての宴会も、それなりに盛り上がりますが、やはり、散策しながら、桜を楽しんでいくのも、お花見の醍醐味です。

おしゃれスポットで、自分なりの楽しみをみつけつつも、圧巻の桜を堪能できるのは日本の春ならではですよね。

目黒川桜まつりアクセスは?


出典:flowerimage01.xyz

目黒川沿いに桜があり、お花見散策としては、いくつかのスポットがあるので、アクセス方法もいくつかあります。

上流、中流、下流とどこから見ても、圧巻の桜並木です。

  • 中目黒駅(東京メトロ日比谷線・東急田園都市線)
  • 目黒駅(JR山手線・東京メトロ南北線・東急目黒線)
  • 池尻大橋駅(東急田園都市線)
  • 不動前駅(東急目黒線)

目黒川桜並木のおすすめスポットは?


出典:datuac.xyz

目黒川の桜並木を隈なく見ようとすると、4km弱の距離になりますから、ちょっと網羅しようとすると、へとへとになってしまうかも?!

そこで、スポット的に鑑賞できるエリアをご紹介します。

中目黒から池尻大橋までのエリア

このエリアは、他と比べて川幅が狭くなっています。川の両サイドにある桜並木が、他のエリアより近くなっているので、桜のトンネルのように見えてとっても見応えのあるスポットです。

目黒から中目黒へのコース

目黒から中目黒までは2kmちょっとになりますので、ぶらぶら散策しながらのコースにはもってこいです。
目黒区民センター公園や、中目黒公園なども途中で出現しますから、ベンチなどで休みながらも十分桜の美しさを堪能できます。

おわりに

日本人と桜は、切っても切れない関係ですよね。春になると、天気予報やニュースでも桜前線の話題が待ち遠しくなり、開花宣言が出ると、あちこちでお花見の計画を練りだします。

桜の美しい時期というのも、天候によって左右されてしまいますし、その儚げな美しさに、やはり心奪われてしまうものです。

都内でも有名なお花見スポットの上野公園などでは、夜桜を肴に大宴会が行われることでも知られていますよね。桜の花を楽しむよりは、わずかなは開花シーズンを盛り上げる感じですよね。

この目黒川の桜まつりでは、シートでの場所取り宴会はNGになっていますので、散策しながらの、まさに、圧巻の桜の「お花見」が楽しめますよ。

日本の南から桜の開花宣言が聞こえると、あっという間に北上してしまうので、今年は目黒川に足を伸ばして、桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪