赤ちゃんの名前は画数で決める?姓名判断の前に知っておきたいこと

sponsored link

赤ちゃんが出来た!というのは、とっても幸せなことですよね。

元気で生まれてきてくれれば、それが一番ですが、パパやママにとって、その子の名前をつけるということが、まずは最初の大仕事になるのではないでしょうか。

赤ちゃんの名前を決めるとき、画数や姓名判断を参考にする人が多いと思いますが、実際は、本当に色々ありすぎて、困ってしまうのではないでしょうか。

今回は、赤ちゃんの名前を決めるとき、画数や姓名判断だけでなく、プレ知識として知っておいてほしいことをまとめてみました。

親からの大切なギフト~名前~


出典:markconner.typepad.com

子供の名づけとして、昔のような大家族であれば、家長である祖父が命名してくれたりすることも多かったのではないでしょうか。

現代のように核家族であれば、やはり、赤ちゃんの両親である二人で決めることがほとんどでしょう。

名前は「親が子供に贈る最初のギフト」であり、「一生の宝物」であってほしいですよね。

名前があって、初めて個人として認識されるのですから、やはり、名前つけは、たくさん悩んでおくべきだと思います。

もちろん、子供が生まれる前から、「男の子なら○○、女の子なら○○」なんて決めている人もいるでしょう。

たくさん悩んで決めたとしても、逆にずっと心に決めた名前であっても、一人に一つのギフトですから、思いをこめてあげてくださいね。

どうやって決める?


出典:www.mycarpaltunnel.com

さて、いざ、赤ちゃんの名前を決めるとき、パパやママの意見が割れてしまうことも多いでしょう。

やがて生まれてくる我が子のに対しての思い入れは、やはり立場によって変わってくるものですから、ある程度はしかたがないと言えます。

ただ、やみくもにたくさん出してみても、かえって迷ってしまうことも。

そんな時は、以下のようにアプローチのポイントを絞るとよいでしょう。

漢字にするのかひらがなにするのか

いくらその漢字を使いたい!と思っても、常用漢字として認められていなければ、名前として使用することはできません。その時は、同じ響きのひらがなでもいいのか考えておきましょう。

苗字とのバランス

夫婦別姓なども議論される世の中ですから、例え女の子でも、結婚したからと言って姓が変わるとも限りません。名前だけの響きで選ぶのではなく、全体のバランスもしっかり考えておきましょう。

sponsored link

画数や姓名判断

これは、親となる人が必ず意識してしまうことだと思います。いくら響きが良くても、使える漢字であったとしても、最終的に画数が悪いとなると、なんとなく引っかかってしまいますよね。

最初から運勢の悪い画数などは避けたいのが親心ですが、画数などは流派などで変わってくることも多いので、あまりたくさんの本を参考にしてしまうと、かえって迷ってしまうかもしれません。

これってキラキラ?

最近では、漢字名をつけても、当て字と思われるような難読な名前も多いですよね。複雑で「キラキラネーム」などと思われてしまうことも…。

ただ、キラキラネームはこういうもの!というボーダーラインがないので、親のその場だけの勢いで当て字になるようなものは避けて、一生愛されるものという思いだけはしっかり伝えてあげましょう。

名前の由来を伝えてあげよう

読み方が複雑であったり、ちょっとあだ名をつけられやすかったりするような響きの名前だと、子供自身は、「小さい頃、こんな名前嫌だった!」という思いもあるかもしれません。

でも、しっかりどうしてこの名前にしたのか、親の想いや由来などをしっかり伝えてあげることで、名前を好きになり、イコール自分自身を尊重できる子供になっていくのではと思います。

命名の参考になるサイト!


出典:geniusbeauty.com

色々候補を出してみて、最終的に決定していく過程で、やはりある程度画数や姓名判断も参考にしたい!という時におススメのサイトをいくつか紹介しておきます。

21世紀の姓名判断ナビhttp://www.naming.jp
希望する名前を入れるだけで、姓名判断ができ、吉名画数検索などが手軽にできます。

赤ちゃんの命名辞典http://www.baby-name.jp
色々な名前がたくさん載っていて、響きや漢字の参考にもなります。最近の人気の名前からキラキラネームもすぐわかる見やすいサイトです。

いいなまえネットhttp://www.iinamae.net
姓に合った吉名を検索出来たり、名づけ掲示板などで、他の親御さんの思いを知ることができるサイトです。

おわりに

妊娠が分かったとき、家族中で嬉しかったこと、今でも覚えています。元気に生まれてきてくれれば、性別はどちらでもよかったので、健診の時はあえてどちらか尋ねたりすることはありませんでした。

お腹の中にいるときには、あだ名をつけて声掛けをしていたのですが、やはり出産が近づくと、『名前をどうしよう…』と、夫と二人あ~でもない、こ~でもないと模索していました。

いくつか候補を出して、顔を見たときに決めよう!ということで、出産直後、我が子の顔を見たら、『これしかない!』というほど、しっくりくる名前を付けることが出来ました。

画数や姓名判断の本もたくさん参考にしましたが、人生で一番たくさん書いて、呼ばれる名前ですから、思いを込めてあげたいですよね!

sponsored link