赤ちゃんのでべその原因は?治し方はあるの?

sponsored link

産後しばらくし、赤ちゃんをあやして遊んでいるとき・・・「おへそ出ている?」「でべそ?」・・・それを見つけてしまった時に不安を感じてしまうママさんは多いと思います。

赤ちゃんにはよくあることなので安心してください。今回は、赤ちゃんのでべその原因や治し方についてママさんに少しでも安心していただけるようご紹介させて頂きます。

でべその正式名称は?そもそも「でべそ」って?


出典:www.reference.com

でべそに気づき小児科などに診察してもらった時、「臍ヘルニア」と言われた方もいると思います。「臍ヘルニア」と聞くとより不安になり心配になりますよね。

そもそも「でべそ」とは、通常本来であれば凹んでいるはずのおへそが出ている状態の事を言います。個人差があるので大きさはまちまちですが…大きい子はポンポン玉ほどの大きさまで膨れ上がる子もいます。

「でべそ」の原因


出典:www.mamalette.com

「でべそ」の原因は様々な事が言われていますが今の段階では科学的に原因は分かっていないみたいです。

みなさんよく言うのが産婦人科での「へその緒の処置のやり方」が原因とも言われていますが、これも全くの根拠がないと言われているようです。

みなさんうちの子だけ?と思われ心配されると思いますが意外と「でべそ」になる赤ちゃんは多いようですよ!赤ちゃんの10%ぐらいだそうです。

このポコッと出ているのは何?


出典:www.momjunction.com

実はこの出ているのは「腸」みたいです!びっくりですよね。腸が出ているって事はぶつけたりおむつで締め付けてしまったりしてしまったら…等いろいろ考えてしまいますよね。

sponsored link

病気なの?問題はないの?


出典:www.tesco-baby.com

赤ちゃんの「でべそ」、ママさんはすごく気になりますよね?

実は大人が気にしているだけで成長面や発達面では何の問題もないみたいです。見た目の問題とのことでした。

赤ちゃんの「でべそ」は自然に治るの?


出典:www.tesco-baby.com

赤ちゃんの成長は早いですよね。寝返り、ハイハイ、これらができるようになると赤ちゃんは腹筋などが成長、発達します。それに伴って次第に小さくなっていきます。1歳までには95%が自然に治ります。焦らず観察し、小児科の先生と経過を見ていきましょう。

治療するタイミングなど小児科の先生と相談し、1歳過ぎても治らない場合は手術することもできます。個人差はありますが小学校入学前に治る子もいます。

その子の成長段階なので焦らず経過を見ていきましょう。

治し方はあってる?


出典:www.parents.com

昔は5円玉をおへそ貼り付けると治るなど言われていました今はやってはいけないとされています。

赤ちゃんの肌はとても敏感です。病院によってはでべそが服に擦れて赤くなったり痛みがある場合は医療用のテープで抑えることがあります。

ただ、ママさんの自己判断ではなく、処置をする場合は必ず小児科の先生の指示に従ってください。清潔に保ってあげることが1番大切です。

おわりに

赤ちゃんの成長はすごく嬉しいですよね。でも少しの変化や異常などに気づくと不安になり嬉しかったことを忘れてしまいがち…

でもこれはママであれば仕方ないこと。何か不安に感じたり、少しでも感じたら小児科の先生に相談しましょう。

自己判断で治療してしまうと間違っていることもありうるかもしれません。先生の指示に従ってお子様の健康などを守っていきましょう。

sponsored link