子供の愛情不足のサインとは?行動や症状から分かる?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

普段仕事に家事にと忙しくしていて、子供との時間がなかなかゆっくりとれないことは、子育て中のママには誰にでも経験のあることかと思います。そういう時には、子供に十分な愛情が伝わっているのか、不安になりますよね。ここでは、子供の愛情不足のサインや行動、症状などについて、ご紹介します。

スポンサードリンク

子供が発する愛情不足のサイン


出典:huffington-post

子供はまだ自分の気持ちを言葉で表現できないため、愛情不足を感じるとある一定の行動でそれを周りに伝えようとします。愛情不足のサインと言われているのが次に挙げる行動です。

甘える

愛情不足を感じている子供はまずは直接的に「遊んで」とか「抱っこ」とか言って甘えてきます。パパやママに直接甘える場合もありますし、いつも「後でね」と言われている子供は、別の大人に甘えたりもします。

困らせる

パパやママが甘えを受け止めてくれないと、子供はなんとかして振り向いてもうおうと、困らせるようなことをします。物を隠したり、いたずらをしたりと、叱られるようなことをするのです。これは、叱られてもいいから振り向いて欲しいという子供の切実な願いの現れです。

指しゃぶりなどのクセが出る


出典:daily-express

子供が見せる「指をしゃぶる」や「爪を噛む」などのクセは、ストレスや不安が原因と言われています。ですので、このようなクセが頻繁に見られるようになったら、それは子供が愛情を得られずストレスを感じている現れかもしれません。

乏しい感情表現

愛情不足が深刻になると、感情を表に現さなくなります。笑ったり泣いたりといった子供によく見られる感情表現が乏しくなり、無表情になります。これは自分の感情を伝えても伝わらないため、すでに諦めきった状態で、とても危険な状況といえます。

sponsored link

愛情不足のまま大人になった時には?


出典:chronic-conditions-life-lessons

愛情不足のまま育った子供は成人した後どのような問題を抱えることになるのでしょうか。

アダルトチルドレン

問題のある家庭環境で育った人が、小さな頃のトラウマを大人になっても抱えている状態です。主な特徴としては、「思い込みが激しい」「マイナス思考」「自分への過小評価」「乏しいチャンレジ精神」「自己の正当化」などで、感情を抑えたりすることが苦手で、人間関係を築くのが困難になります。

恋愛依存症

愛情不足の環境で育ったため、「愛されたい」という気持ちが強すぎて、恋愛依存症に陥りやすくなります。過剰なまでに愛情を求めたり、重大な欠点があってもどうしても別れられなかったり、また、一人ぼっちにならないように複数の人と付き合ったりするのが主な特徴です。付き合っている相手の全てをコントロールしたくなり、この状況がエスカレートするとカウンセリングが必要になります。

愛情不足を感じさせない接し方


出典:sheknows

忙しい生活のなかで、子供に愛情不足を感じさせないためには、具体的にはどんなことをしたらいいのでしょうか。

スキンシップ

これが一番直接的で、だからこそ一番愛情を感じてもらえるかもしれません。ぎゅっと抱きしめてあげること、手をつないで歩くこと。簡単なこのようなスキンシップで、子供はパパやママからの愛情を十分に感じ取ってくれます。ほんの少しの時間でもいいので、毎日のスキンシップを心がけてみましょう。

褒める


出典:lifecare

大人でも褒められたら嬉しいものです。それは他人が自分を肯定してくれるからです。子供はいろいろなことが上手にできず、ついついイライラしてしまいますが、気長に見てあげてください。あまり不必要に叱らず、うまくできた時、頑張った時にはたっぷり大げさなくらいに褒めてあげましょう。

おわりに

忙しい中での子育てで、子供に向き合う時間があまり取れないことが多々あるでしょうが、大切なのは時間ではなく質です。短い時間でもしっかり子供と接することにより、子供は愛情を感じて成長してくれるのです。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪