江東花火大会の穴場スポットは?駐車場や交通規制についてもチェック!

江東花火大会は今年で34回目を迎えます。都内で開催される花火大会としては混雑が少なめで、至近距離で花火を見ることができるので、超オススメの花火大会です。

荒川の河川敷が会場なので、観覧できる場所が広く、シートを広げて家族やお友達とゆっくり花火鑑賞ができますよ♪毎年行かれるという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、2016年度の江東花火大会について、日程や駐車場、交通規制情報、さらには穴場スポットについて、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

江東花火大会の基本情報


出典:fuyuumaredesu.com

日程

日付:2016年8月1日(月) ※小雨決行。荒天時は2日に順延
時間:午後7時30分~8時30分(打上げ開始は7時40分)

場所

荒川・砂町水辺公園(住所:江東区東砂8丁目22番地先)

打ち上げ数

およそ4000発

その他

昨年の人出は35万人でした。有料観覧席はありません。
荒川河川敷に屋台はありませんので、行く途中のお店や屋台で食べ物等購入してくださいね。

※お問い合わせ:
江東区役所・地域振興課区民交流担当(TEL:03-3647-4963)まで。

交通アクセスや駐車場、交通規制情報について

交通アクセス

電車の場合

東京メトロ東西線・南砂町駅が最寄り駅となります。駅から会場まで、徒歩でおよそ15分です。都営新宿線・東大島駅からだと、徒歩でおよそ30分です。

バスの場合:

JR亀戸駅を利用する場合、北口から葛西橋行きに乗り、葛西橋で下車、徒歩でおよそ3分です。東陽町駅行き、または、西葛西駅・なぎさニュータウン行きに乗り、東砂六丁目で下車してもOKです。

都営新宿線の、西大島駅・大島駅・東大島駅を利用する場合は、いずれも葛西橋行きに乗り、葛西橋で下車、徒歩でおよそ3分です。


出典:www.city.koto.lg.jp

駐車場

花火大会用の駐車場はありません。周辺の有料駐車場を利用しましょう。
会場から近い順に、いくつかご紹介しますね。

  1. パラカ東砂第2(住所:江東区東砂3-19、10台収容)
  2. リパ-ク東砂3丁目(住所:江東区東砂3-30-11、11台収容)
  3. ナビパーク東砂第2(住所:江東区東砂5-14、16台収容)
  4. ナビパーク東砂第1(住所:江東区東砂3-31-7、20台収容)
  5. タイムズ愛育メディカルセンタ-(住所:江東区東砂4-20 12台収容)
  6. タイムズポ-ト北砂(住所:江東区北砂7-7 、86台収容)

ほかに、おススメの駐車場としては、イオン南砂町スナモ店(住所:江東区新砂3-4-31、400台収容)、イオン南砂店(住所:江東区南砂6-7-15、980台収容)があります。

sponsored link

3時間まで無料ですので、お買い物のついでに花火大会に行かれてみてはいかがでしょうか?

交通規制情報

午後5時30分~9時30分の間、周辺の道路が車両通行止めとなります。なお、土手通りは、午後3時から9時30分まで車両通行止めとなるのでご注意ください。※葛西橋と清砂大橋の通行は可能です。

穴場スポットをご紹介!

首都高速の下

08_xn--u9jwcz98tncbv43c.net

荒川の上を走る首都高速中央環状線の下から、花火がキレイに見えます。メイン会場から川をはさんで反対側となるため、混雑も少なくゆったりと花火を見ることができますよ。

清新町サイクリングコース


出典:puppolo.air-nifty.com

西葛西駅から歩いて5分ほどの、清新町サイクリングコースもおススメです。こちらも会場からは川の反対側となるので、混雑も少なめで、場所も広々としているので、大人数でも大丈夫です。

清砂大橋


出典:photozou.jp

橋の上なので、シートを広げてのんびりというわけにはいきませんが、花火と、ライトアップされた葛西臨海公園が両方見える穴場スポットです。

葛西橋通りの近辺(江東区がわ)

最寄り駅の南砂町駅から徒歩で20分とやや離れているので、人混みも少なく、花火もきれいに見えます

江東花火大会の見どころは?


出典:upin.jp

なんといっても、打ち上げ場所からメイン会場まで150メートルしかないので、その迫力はお墨付き!間近で大迫力の花火を楽しみたい方にピッタリですね。川面に花火が映りこんでとても綺麗ですよ♪

平日に開催されるので、混雑が少なめで、お勤め帰りでも行けますね。

おわりに

いかがでしたか?たくさんある都内の花火大会の中でも、比較的混雑が少なく行きやすいのが、この江東花火大会です。平日開催なので、通勤ラッシュと重なると電車が大変混雑するので、余裕をもって行くようにしてくださいね。

今年の夏は、下町情緒が楽しめる江東花火大会にぜひ行ってみてください!

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪