離乳食で使う食器のオススメは何?離乳食食器の選び方!

生後5~6ヵ月になると離乳食が始まります。赤ちゃん専用の食器があれば、お母さんも毎回の食事の支度やお世話が楽しくなりますよね!

ここでは、離乳食食器の選び方や、おススメの食器をご紹介したいと思います。はじめての離乳食食器を選ぶ時の参考になればうれしいです!!

スポンサードリンク

はじめての離乳食!いつ頃から始める?


出典:eatdrinkbetter.com

生後約5~6ヵ月から離乳食を始めるのが目安ですが、赤ちゃんの個人差によって始めるタイミングは前後します。一般的には、「おすわりができたら」「大人の食事に興味を持ち始めたら」「よだれが増えてきたら」などのサインが出てきたら、と言われています。

赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ始めれば、お母さんにも赤ちゃんにも負担がなく、楽しく離乳食を始めることができると思います。

生後5~6ヵ月になって、離乳食スタートのサインが見えてきたら、徐々に始めてみましょう!

ポイントはここ!離乳食食器の選び方

離乳食食器の選び方のポイントは、いくつかあります。材質や、形状、セット食器の内容、デザインなどがありますので、店頭でいろんな商品を見て、自分の好みに合った食器を選ぶと良いと思います。

まず、材質ですが「プラスチック、メラミン」などの軽くて割れにくい食器と、「木製」の温かみがあり、軽い食器や「陶磁器」でできた重みがあり、割れやすいが傷が付きにくい食器などがあります。

どの離乳食食器にもメリットとデメリットがあります。悩んでしまいがちですが、自分の生活スタイルに合った食器を選ぶことがポイントです!

例えば、お出かけの機会が多いなら、持ち運びに便利な「プラスチック、メラミン製」の食器の方が使いやすいですし、自然素材が好きなら「木製」、赤ちゃんの頃から物を丁寧に扱わせたい、と考えるなら「陶磁器製」と、言ったように選んでいくと良いと思います。

形状は、どのメーカーから出ている食器もほとんどの商品は、赤ちゃんに使いやすい形状を採用しているので、こちらは好みで選べば良いと思います。

食べやすいように、カーブがついているもの、滑りにくい様に食器の底に滑り止めがついているものなど特徴がありますので、実際手に取ってみて確認すると良いでしょう!

デザインも、まだ、赤ちゃんに選んでもらう訳にもいかないので、お父さんやお母さんの好みのデザインで良いと思います。

お母さんとしては、洗いやすいか、スタッキングできるかなどのポイントも押さえておくと良いかもしれません。

離乳食食器のオススメいろいろ

私がオススメの離乳食食器は、離乳食期から長く使える、セットになっている食器です。一番シンプルなセットをまずは1つ、揃えると簡単です。基本になるセットを1つ持っておけば、離乳食期の初期は十分対応できます。

ランチプレート、茶碗、汁椀、コップ、スプーン、フォーク、トレー、などがセットになっているものが多いですが、トレーニングマグが付いているものや、小皿や小鉢が付いているものもあります。

一番小さいセットを購入して、その後、必要なアイテムを買い足しても良いと思います。始めから、豪華な食器セットを買ってしまうと、案外、使わない食器が出てくるものです。

メラミンや木製、陶磁器でも、基本のセットが販売されています。同じデザインで揃えたいなら、あらかじめ、どんな商品のバリエーションがあるか、カタログなどで調べておいても良いですね!


出典:wholesomebabyfood.momtastic.com

プラスチック、メラミン、陶磁器などについては、プリントされた絵柄のインクが安全か?を調べて購入してください

陶磁器を例にしますが、絵付けの際に「シンクイン」という傷や摩耗でインクがはがれにくく、有害な物質も出ない方法で絵付けをしている食器があります。

この様な食器は安全ですが、輸入品などでは安全性がはっきりしていない商品もまれにあります。

赤ちゃんが口にする食器は、安心できるものをオススメします!

おわりに

赤ちゃんが離乳食を始める時は、お父さんやお母さんにも楽しい出来事ですよね。離乳食が始まる少し前から、情報収集をして、準備しましょう。各メーカーのベビー用品のカタログも、大変参考になるので見てみると良いですよ!

悩んだ時は、先輩ママや専門知識を持っているお店の人に相談してみましょう!きっと、食器選びのヒントが見つかりますよ!!

お父さんやお母さんが選んだ食器なら、きっと赤ちゃんも気に入ってくれると思います♪ご飯を食べる事が、赤ちゃんにとっての楽しみになれば、お母さんも子育てが楽しくなりますよ!

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪