手作りチョコは子供でも簡単に作れる?日持ちはどのくらい?

sponsored link

バレンタインが近くなると、幼稚園に通う女の子でも、「○○君にチョコレートあげたい!」なんて言い出しますよね。

最近では好きな男の子だけに限らず、仲良しの女の子友達にも「友チョコ」をあげる時代です。

あげたい数が増えれば、親のコストもアップしちゃいます。子供のためとは言え、それもなんだかな~と思ってしまうママも多いと思いますよ。

そんな時のために、今年はコスパも考えて、子供と手作りしちゃいませんか?

今回は小さな子供でも作れそうな、手作りチョコについてまとめてみました。子供と一緒に簡単に作れるものや、手作りだけに、日持ちしそうなものなど紹介していきますね!

小さな子供と一緒に作れるチョコレシピ


出典:cakesid.xsl.pt

手作りチョコというと、ちょっと高価な感じや、道具が必要かなと、若干敷居が高めかなと感じてしまう人もいるでしょう。

でも、実際は、チョコのスイーツは混ぜるだけで作れるものもあるのです。これなら、小さな子供でも、楽しみながら作れます。

混ぜるだけレシピの定番と言えば、

・チョコフレーク
チョコの種類を変えたり、大きさも自由にアレンジできます。


引用:cookpad.com/recipe/743506

・スプーンチョコ
板チョコを溶かして、100均などで買ったスプーンにのせて固めるだけ。


出典:cookpad.com

引用:cookpad.com/recipe/3691126

プレーンな板チョコを溶かして、作るものであれば、デコることで、オリジナリティをしっかり出せますし、子供たちも作って楽しく、もらって嬉しくなること間違いなしです!

sponsored link

大人はどのあたりをヘルプすれば良い?


出典:www.dishmaps.com

小学校高学年から中学生以上の女の子であれば、手作りチョコを作るときは、それほどヘルプすることはありませんよね。

大量に作る時でも、チョコレートブラウニーやケーキ類などで切り分けできるものを選べば、ちょっと手間がかかりそうなものでも、作ってしまえばラッピングなどのヘルプくらいです。

でも、幼稚園から小学校低学年あたりでは、手作りチョコの場合、大人がヘルプする必要があります。

一番はやはり、チョコを溶かすときに必要な湯せんです。火を使うことは、料理している感満載なので、どうしてもやりたがりますが、お菓子作りが楽しくて、加減が分からず、火傷してしまうことも多いようです。

「これはママがやるから、○○ちゃんは飾り付け上手にやってね!」など、目立てるような役割をふってあげましょう。

手作りチョコの賞味期限は?

大量に作って渡す手作りチョコなどは、市販のチョコ菓子と違って賞味期限が短めだと思ってください。

冷蔵庫で4~5日

・溶かして固めるだけのタイプのチョコレート
・ガトーショコラ
・マカロン

冷蔵庫で2~3日

・生チョコ・トリュフ
※ただし、生チョコにフルーツなどを加えた場合は、冷蔵庫でも1~2日になります。
・チョコレートケーキ
・チョコタルト

常温で1週間

・チョコチップクッキー
※ただし、ガナッシュ系やフルーツを加えたら、常温でも3~4日になります。
・チョコパウンドケーキ
・ブラウニー
※乾燥を防ぐために、ラップで保存はしっかりしましょう。

常温で2~4日

・チョコレートパイ
・チョコマフィン
・チョコカップケーキ

いずれにしても、渡すときに「手作りしたから美味しいうちに早めに食べてね」と声をかけておくことも忘れずに!

おわりに

小さな子供とチョコを作ったりするのって、調理というより、工作というか、粘土遊び感覚ですよね。

もちろん、家族に渡したり、気心知れたお友達に渡したりすることを考えれば、「おいしい!」と言ってもらえるように、味の方も手抜きしてはいけないとは思いますが…。

小さな子供で、「自分でできた!」という自信につながるような、食べる楽しみや、誰かに贈りものをする喜びなど、ワクワクしながら身に着けていけるなら、バレンタインに便乗するのもいいものですよね。

sponsored link