箱根仙石原すすき祭り2017。すすき草原の見頃や駐車場情報まとめ!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

夏が過ぎ、赤とんぼが飛び交い始めるともう秋ですね。山の紅葉を見に出かける人も多いのではないでしょうか。実は、「すすき」も秋の代名詞。関東では、箱根の仙石原のすすきが有名です。

そして、毎年盛大に行われるすすき祭りも必見です。この2017年の「箱根仙石原すすき草原」の見頃も気になりますね。箱根で有名なこの草原は人気スポットなので、駐車場の混み具合も心配です。

そこで、仙石原すすき草原の見頃やおすすめスポット、駐車場情報などをまとめてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

箱根仙石原すすき草原


出典:cdn-ak2.f.st-hatena.com

神奈川県足柄下郡箱根町に位置する仙石原。仙石原はすすきの名所です。この仙石原のすすき草原は、「かながわの景勝50選」「かながわの花の名所100選」にも選ばれているほどの名所で、毎年大勢の観光客が訪れています。

台ヶ岳の斜面全体にすすきが覆い、圧巻です。すすき草原に造られた遊歩道を歩いていると、まるですすきの中をかき分けて歩いているような感覚になります。

春の見頃

日差しが暖かく感じられる頃、すすき草原で山焼きをします。春には、山焼きの迫力ある様子を楽しむことが出来ます。

山焼きは、毎年3月中旬から下旬頃の風のない穏やかな日を選んで行われます。そのまま何もせず放っておくと、草原に樹木が生えてしまい、ただの雑木林となってしまいます。そのため、毎年必ず山焼きが行われるようになりました。

実際、山焼きをせずにいたら、雑木が生えてしまい草原の景観が損なわれてしまいました。そのことがあってからは、毎年行われるようになったそうです。

夏の見頃


出典:www.hakonenavi.jp

夏のすすき草原も素敵です。8月の盛夏になると、青々としているすすきが太陽の日差しを浴びて美しく輝きます。そして、すすきの深々しい緑の絨毯には圧巻です。

この時期のすすきは、爽快な青空とよく似合います。秋とはまた違った雰囲気を楽しむことが出来るでしょう。ただし、結構すすきの葉は鋭いので、手を切らないように注意が必要です。

秋の見頃

9月の朝晩が涼しく感じるころ、すすきはだんだんと色を変えていきます。すすきの花穂が開くのもこの時期。頴果(種子)には白い毛が生えてくるので、赤い花穂が見え隠れした白いすすきを眺めることが出来ます。

また、例年「仙石原すすき祭り」が開催されるのもこの月です。2017年は9月18日に行われました。場所は箱根湿生花園、ステージでは数々のショーが行われ、縁日ゾーンや足湯ゾーン等盛りだくさん。秋の夜長のひと時を楽しむことが出来ます。

9月に訪れるのなら、この仙石原すすき祭りが開催される日にするのも良いですね。打ち上げ花火も行われるので、存分に楽しむことが出来るでしょう。

黄金色のすすきを見たいと思う人には、11月がおすすめです。風に揺れるすすきの集群は、黄金の大海原を想像させます。そんな中にたたずんで思いをはせると、ナウシカの1シーンを思い出してしまいます。

夜のすすきを拝めるのもこの時期。9月から11月の末日まで、灯籠のライトアップの期間になります。日没頃から点灯され、星空と灯籠の幻想的な灯りの中、すすき道を歩くのも良いですね。

もう10月にもなると夜は冷え込みます。しっかり防寒対策をしておくようにしましょう。

仙石原すすき草原でのベストショットは?

仙石原すすき草原には、一筋道が通っているだけです。草原の入り口に入って感じることは、すすきは思ったよりも背が高いこと。およそ1mから2mに成長するすすきと背比べしてみませんか。そんな写真を「パシャリッ」。記念の良い一枚が撮れそうですね。

すすきは、一日のうちに何度も様子が変わります。日中の日差しを浴びて銀色に輝き、夕方近くになると金色に変わったように見えます。また、夜は灯籠と夜空がとりなす「すすき」とのコラボで、一気に雰囲気が変化します。

sponsored link

朝、昼、夕方、夜と同じ景色でもずいぶんと違うすすきが撮れそうですね。一日で変わりゆく様、そんなすすきの風景をカメラに収めてみてはいかがですか。

すすき草原周辺の駐車場情報


出典:www.royal-resort.co.jp

9月1日から11月30日の間、臨時駐車場が利用できます。「浄水センター」(住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1246)では、9時から16時までの間無料で開設されます。また、9月に祭りが開催される「箱根湿生花園」(住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817)でも無料で駐車が可能です。

車でなくても、便利なバスがあります。箱根湯本駅から毎日運行しているので、電車から「桃源台行」バスに乗り換えて「仙石高原」で下車。車窓からもすすきが広がる景色を眺めることができます。

また、10月1日から11月3日までの間の土日祝のみですが、臨時で「仙石すすきバス」が運行されます。乗車駅は、「強羅駅」になります。


出典:www.hakone-tozanbus.co.jp

バスを降りたら、すでにすすきの草原が広がっています。ここで一枚写真に収めても、記念のショットになりますね。

美味し処


出典:webmemo.biz

仙石原すすき草原周辺の美味しいお店といったら、「そば処 穂し乃庵」さんですね。すすきを堪能しながら、美味しいおそばはいかがですか。地鶏や地元の山菜が楽しめます。


出典:www.hakone.or.jp

また、関連施設の「銀の穂」さんでは、釜飯が一押しです。地鶏や山の幸海の幸と盛りだくさんです。お味噌汁等いろいろ付いているので、おなか一杯になりますよ。


出典:www.hakone.or.jp

ほどよく疲れたからだには、甘いものが美味しいですね。同じ施設にある「よもぎ屋」さんは、よもぎを使ったデザートが人気です。よもぎもちが入ったクリームあんみつやソフトクリームには、程よい甘さのあんこが一緒に入っていて、とっても美味しい一品です。


出典:www.hakone.or.jp

おわりに

仙石原すすき高原の一本道は、真直ぐの道です。道のすぐ際からすすきが生い茂っていて、とても気持ち良いですよ。先へ進むと、行き止まりのように草木が生えていて、そこから折り返しに戻ることになります。

バス通りの道沿いに「穂し乃庵」さんが見えます。午前中にすすき草原に着いてゆっくりと草原を散策。お昼ご飯と休憩にお店を訪れたあと、夕日のなかのすすきを堪能してから帰る、なんていうコースものんびりしていて良いですね。

また、夜のすすき草原も素敵です。まだまだこれからが見頃なので、ぜひ仙石原すすき草原を訪れてみてくださいね。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪