ドイツクリスマスマーケット大阪2018期間と場所!オススメお土産情報もチェック!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

クリスマスの飾りが街を賑わす頃は、もうすぐですよね。その前に、思いっきりクリスマス気分を味わうなら、ドイツのクリスマスマーケットはいかがでしょうか?

今回は大阪で開催されるドイツクリスマスマーケット2018について調べてみした。開催される期間や場所、オススメのお土産などを紹介してみます!

スポンサードリンク

ドイツクリスマスマーケット2018とは?


出典:www.6balace.com

日本でもクリスマスは、今や普通にお祝いしますよね。本来はキリスト様の誕生日ということで、お祝いという言葉を使いましたが、正直、日本では「イベント」になっています。

それでも、寒い冬でも心がウキウキするイベントなので、日本でも定着したのでしょう。

また、ここ数年で、晩秋になると話題になるのが、「クリスマスマーケット」です。

このクリスマスマーケットはドイツが発祥と言われています。

キリスト様の誕生日を祝うために、1か月くらい前から光り輝く幻想的な市場が登場します。

寒さが厳しいと言われるドイツでも、毎年この期間は人々の心も体も温めてくれるこのクリスマスマーケットは大人気です。

実際、クリスマスマーケットでは、この期間にクリスマス関連のグッズ、例えばツリーへの飾り付け小物やインテリアなどの販売や、この季節ならではのグリュワインと呼ばれるスパイスの効いた温かいワインなども販売されます。

マーケットと呼ばれる所以は、小さな露店がたくさん並び、それぞれデザートやビールだったり、お肉だったりといったものを売り出していますが、その露店もとっても個性的なのです。

その個性的な露店は「ヒュッテ」と呼ばれており、昼間の可愛さはもちろんのこと、陽が落ちてくると、それぞれ屋根の上に飾り付けてある装飾物が、ライトアップされたりするので、それを眺めて歩くだけでも楽しめるのです。

ドイツクリスマスマーケット大阪2018年の期間・日程は?


出典:blog.osakanight.com

本場のドイツでは、あくまでもキリスト様のお誕生日を祝うことが目的なので、クリスマスイブから逆算して、4回前の日曜日からスタートして、クリスマスイブにはおしまいになっています。

でも、日本で楽しめるクリスマスマーケット大阪の日程は、お誕生日当日までとなっているので、気分が盛り上がっちゃいますよね。

日程:2018年11月17日(金)~12月25日(月)まで
場所:梅田スカイビル・ワンダースクエア
時間:月曜から木曜 12時~21時
   金曜     12時~22時
   土日祝    11時~22時

本場ドイツと同じように、期間中、昼と夜のマーケットでは雰囲気がまったく違ってきますので、是非とも2パターンを見てほしいと思います。

ドイツクリスマスマーケット大阪のオススメは?


出典:enjoy-jp.net

ドイツクリスマスマーケット大阪ということですが、やはり本場のような雰囲気は味わえないのでは?という心配は一切ありませんよ!

sponsored link

なぜかというと、このドイツクリスマスマーケット大阪では、本場ドイツのデコレーションで飾られた30軒(2018年現在)のヒュッテがお目見えするのです。

ヒュッテを飾る装飾品やイルミネーションは、ドイツから持ってきたものなので、本物と変わらない雰囲気が味わえるのは間違いありません。

また、ヒュッテで使われる調理器具などもドイツ製のものを使用しているので、料理も本格的と言えます。

ドイツクリスマスマーケット大阪では、その他3つのおすすめポイントがあります。

巨大なクリスマスツリー

ドイツクリスマスマーケット大阪の会場となるワンダースクエアの中央に、毎年登場するのが「27mの巨大クリスマスツリー」です。2018年ももちろん登場します!

役10万球の電飾で飾られるこのツリーは、毎年テーマを決めてイルミネーションされるので、その年だけの美しさを味わうことができます。

歴史あるメリーゴーランド

ドイツクリスマスマーケット大阪では、115年の歴史を誇る、「木製のメリーゴーランド」が登場します。

歴史的にみても世界で2番目に古いものと言われていますが、実際に動かすことができるのは、非常に珍しいことです。古からのメッセージを受け取るような気分で、幻想的な空間を楽しむことができますよ。

子供も楽しめる!

クリスマスマーケットは、デートスポットとしても、もちろんおススメですが、子供たちの夢も大切にしているドイツのクリスマスの流れをしっかり受け継いでいるので、子供が楽しめる人気のコーナーがあります。

それがマーケット会場西側のクリスマストレインコーナーです。クリスマス気分をたっぷり味わいながら、ミニトレインに乗ることができるので、お子さんたちも大満足です。

お土産はこれがおススメ!


出典:zuttoibaraki.com

ヒュッテでは、本場ドイツのソーセージやジャーマンポテトといった、ドイツビールのお供になるようなおいしいグルメもたくさん登場します。

ビールやホットワイン片手に、ドイツグルメを楽しむことができます。

また、スイーツの代表として、この時期に楽しめる「シュトーレン」は、ドイツのクリスマスには欠かせないもの。最近は日本の洋菓子店でも、この時期限定で販売しているところもありますから、お土産にもとっても喜ばれます。

ドイツと言えば、バームクーヘンもおいしいのですが、レープクーヘンなら、ツリーのオーナメント代わりにもなるので、見ても楽しい、食べてもおいしい嬉しいお土産になるでしょう。

また、ホットワインやココアなどのドリンクは、この時期のオリジナルのマグカップに入っており、カップを持ち帰ることができるのです。

これはとっても記念になるので、恋人同士や家族でも人気があるお土産品になりますよね。

雑貨なども、日本とはちょっと違った、シックなものが多く、伝統的な気分を味わえるものがたくさん出ています。キャンドルやカレンダー、くるみ割り人形など、一つ置いてあるだけでも、クリスマス気分が盛り上がりそうです。

おわりに

数年前から、クリスマスマーケットを見かけるとちょっと、のぞきに行ったりしています。

お祝いムードが満載で、本格的な雰囲気がまさにドイツ(行ったことはありませんが…)って感じで、ちょっと厳かな雰囲気も味わえたりします。

これが本来のクリスマスなのかな…という気分にもなりますよね。

できれば、日本でも根付きつつも、本場の雰囲気は失われずに続いてほしいなと思います。

心も体も温まり、気持ちもお腹も大満足なドイツクリスマスマーケット2018を堪能しに、大阪まで足を延ばしてみませんか?

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪