風邪に効く飲み物、食べ物は?コンビニで手軽に買える物は?

肌寒くなってきましたね。過ごしやすくはありますが、季節の変わり目は風邪を引いたり、体調を崩したりしやすい時期でもあります。もう風邪を引いてしまったという方もいるのではないでしょうか。

今日はコンビニで手軽に手に入る、風邪に効く飲み物と食べ物を纏めましたので是非参考にしてください!

スポンサードリンク

風邪に効果的な食べ物とは!?

風邪のメカニズム

風邪は外に浮遊しているウィルスが体内に入り、喉や鼻の中の粘膜に吸着することから始まります。

やがてそのウィルスは、喉などの奥まで達し、増殖をはじめます。この頃に高い確率で身体のだるさで異変を感じることが多いようです。

徐々に鼻水やくしゃみ、発熱や食欲不振など免疫の防御反応が顕著に現れますが、何もしないと、その分治りも遅くなり長引かせることになり兼ねません。しっかりと対処して早い完治を目指しましょう。

風邪を治すための必要な要素

風邪を治すには、免疫物質を活発にすることです。そのためには口にするものがとても重要になります。風邪を引いた時に効く食物あるので、積極的に取り入れるといいですね。

必要な要素と食べ物・飲み物を説明します。

身体を温める(新陳代謝をよくするため)

一番効果のあるものは「生姜」です。
寒い時期になると生姜が入った食品がスーパーなどに陳列されるので、生姜が身体に良いのは皆さんご存知かと思います。

生姜にはジンゲロールと呼ばれる殺菌作用の強い成分が多く含まれています。この成分は加熱すると新陳代謝を促進する効果があるため、是非ショウガ湯で摂取することをお薦めします。

コンビニで買える身体を温める食品:生姜湯、葛湯、スープ類

消化がいいものを食べる(消化器系の働きが弱っているため)

昔からいわれている「おかゆ」が最適です。また柔らかくした「うどん」や「大根」なども消化がいい上、身体も温めてくれるので一石二鳥です。

sponsored link

また、果物の「バナナ」は胃への負担が少なく、食べてすぐにエネルギーにもなるので体力回復へと繋がります。

豆や海藻などは柔らかくしても消化が悪いため避けるようにしましょう。

コンビニで買える消化のいい食品:レトルトおかゆ、カップのうどん、バナナ

栄養をつける(体力を回復させるため)

弱っている時にパワーがつくのは、鉄分やβカロチンなどの豊富な栄養素を含んでいる「うなぎ」。またビタミンB1やタンパク質を多く含む「豚肉」が効果的です。次に紹介する「卵」とあわせれば相乗効果となりますよ。

また風邪で大量に消耗される栄養素を補うために、鶏肉も良いです。タンパク質やビタミンAを豊富に含み、免疫細胞を活性化してくれます。

コンビニで買える栄養をつける食品:うなぎ弁当、豚の生姜焼き弁当、蒸し鶏

炎症を抑えるものを食べる(防御反応で傷ついた粘膜を保護するため)

粘膜を再生したり、免疫力を上昇させるのに必要なβカロテンを多く含まれている食物が効果的です。

「かぼちゃ」は緑黄色野菜の王様と言われるだけあって、βカロテンの他ビタミンC・Eが豊富で栄養価が非常に高く、炎症を抑えるにはもってこいです。

また、手軽に採れる「卵」も効果的な食物です。卵には、身体に必要な8種類ものアミノ酸がバランスよく含まれていて、免疫力を高める作用があります。

なお、卵酒は科学的に効果が実証されていて、特に風邪の初期に飲まれることをお薦めします。

コンビニで買える栄養のある食品:パックのかぼちゃの煮物、生卵、ゆで卵

さいごに

身体が特に疲れている時は免疫力が低下しているため、細菌やウィルスが気管などの粘膜に侵入しやすくなり、風邪を引く原因になります。辛いと、つい薬に頼りたくなりますが、自力で治せるのが一番ですよね。

今回紹介した風邪に効く食べ物や飲み物は、風邪を引いてしまった後だけでなく、日ごろから意識して摂取するように心掛けると風邪予防にもなります。

また、外出する際はマスク着用、家へ戻ったら、うがい・手洗いは誰でも簡単にできる予防策です。家族みんなで取り組み、習慣にしましょう。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪