モスキート音が聞こえないのは年齢のせい?テスト方法は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


出典:www.linkedin.com

年齢を重ねると様々な老化現象が出てきます。物が見えにくくなったり、耳の聞こえが悪くなったりと今までできていた事がだんだんとできなくなって来ます。

耳の聞こえと言えば、「モスキート音が聞こえないと耳の老化が進行している」と言われています。最近、気になっている人も多いのではないでしょうか?そこで、今回はモスキート音と加齢の関係について調べてみました。

スポンサードリンク

モスキート音とは何でしょうか?


出典:www.newsweek.com

モスキート音とは、17000ヘルツ前後の高周波音のことです。この高周波音が聞こえるのは20代前半までと言われています。この音は、「キーン!」と高く、不快な音なので聞こえる人には嫌がられます。

20代前半以降になると、聞こえにくい、又は、聞こえなくなるので、モスキート音と年齢は関係していると言えます。聴力は加齢と共に衰えていくのが自然です。

聴力は、高い音から先に聞こえなくなると言われていますので、中高年になると10000ヘルツを超える高音は多くの人が聞こえにくくなるそうです。ご自分の耳年齢が気になる人には簡単なテストがあるので行ってみましょう!

モスキート音で耳年齢チェック!


出典:www.voices.com

簡単に耳年齢をチェックできるテストがあります。このテストをすれば、実年齢と耳年齢がわかります。モスキート音が、徐々に高くなっていきますので、どの周波数まで聞こえるのかで、耳年齢を知ることができます。

sponsored link

手軽な所では、YouTubeにモスキート音テストができる動画がアップされていますのでぜひ、試してみてください。実年齢で聞こえるはずの周波数が聞こえなかったとしても、さほど深刻になる事ではありません。

通常、生活をしていると耳の老化にはなかなか気が付きません。時々こういったテストを利用して、聞こえの具合を確認してみると良いと思います。日常生活に支障がなければあまり気にする事はありません。

年齢と聞こえる周波数まとめ


出典:www.huffingtonpost.com

一般的に言われている年齢と聞こえる周波数をまとめましたので、モスキート音テストの際に、参考にしてくださいね。これを基に、ご自分の年齢だとどこまでの周波数が聞こえるのかチェックしてください!

18歳から24歳 …17000~18000ヘルツ
20代後半 …16000ヘルツ
30代 …15000ヘルツ
40代 …12000~14000ヘルツ
50代 …10000~11000ヘルツ

ちなみに、全世代を通してだと7000ヘルツが平均の様です。年齢が上がれば、だんだんと高音から聞こえが悪くなってきます。最近では、若者の中にもモスキート音が聞こえない人もいる様です。

これは、ヘッドフォンで音楽を大音量で流していることが原因の一つとも言われています。日常生活で、音をあまり大きくして聞かない事も耳を守る方法です。

おわりに

モスキート音テストですが、自宅で動画を使って試してみました。私は、現在40代前半ですが実年齢と同じ1400ヘルツまではハッキリと聞くことができました。

テスト中のモスキート音を聞いているのは、あまり気分が良くありませんでした。人によっては、気分が悪くなるかもしれないので異変を感じたらすぐに中止しましょう。

耳の聞こえが気になる人は、挑戦して下さい!聴力を戻すことはなかなか難しいので、日常的に耳に優しい生活をするよう心がける事が大事なんだな、と思いました。

今回のモスキート音テストの結果と、普段の生活で何か気になる事があれば、専門医に相談をしましょう。ほっておくと耳の聞こえがどんどん悪くなるかもしれませんので、早目の受診が良いと思います。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪