妊娠の安定期はいつから?旅行はいつから行けるの?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

妊娠すると、安定期に入るまでは身近な人だけに知らせて、会社など周囲の人には知らせないという方も多いと思います。安定期に入れば一安心、体調も安定して、快適なマタニティライフを過ごせそうですよね。

安定期に入ったら、赤ちゃんが生まれる前に旅行にも行っておきたい!という方もいると思います。海外旅行は無理でも、国内なら大丈夫そうですし・・・。

そもそも安定期とは、いつからなのかご存知ですか?なぜ安定期とよばれているのでしょうか。安定期なら、本当に旅行に行けるのでしょうか?

この記事では妊娠の安定期についての情報をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

妊娠の安定期とは?

安定期はいつから?

安定期は、妊娠5ヶ月から7ヶ月まで、週数でいえば16週から27週の間を指しています。

妊娠5ヶ月になると、胎盤が完成して赤ちゃんにお母さんからの栄養が直接届くようになるので、赤ちゃんを取り巻く環境が安定することから、安定期と呼ばれているようです。

安定期に入ると、よっぽどの事がないかぎり流産はしません。危険度でいえば5%にまで下がります。

安定期に入ると体の状態はどうなる?

安定期に入ると、つわりが酷かった人も収まってきて、食欲も戻ってきます。早くも胎動を感じることができる方もいます。お腹もすこしずつ膨らみ始めて、お腹に赤ちゃんがいることができ、出産への期待感が大きくなってきます。

流産の可能性は低くなりますが、早産や妊娠中毒症などの心配がないわけではありません。少しでも体調がおかしければ、医師の診察を受けてください。

安定期に気を付けることは?

食欲が戻ってくると、嬉しくてつい食べ過ぎてしまうことも・・・。体重が増えすぎると、出産に悪影響が出るので、食べ過ぎには注意しましょう。スイミングや、マタニティヨガなどで、体を動かすのもいいですね。もちろん、お医者さんにやってもいいか聞いてみてくださいね。

冷え性や塩分の取り過ぎなどで、むくみがひどくなる方もいます。あまりひどくなると、妊娠高血圧症候群の可能性もありますので、気をつけてください。

sponsored link

妊娠中の旅行は大丈夫?

安定期ならOK

妊娠中に旅行に行きたい場合は、安定期に入ってからが安心です。

妊娠初期は、流産の危険性も高く、胎盤も未完成で安定していないので、旅行は避けたほうがいいでしょう。また、妊娠後期(妊娠8ヶ月以降)に入ると、お腹が大きくて動きにくい上、無理をするとお腹が張りやすくなりますので、やはり、旅行に行くなら安定期の間に行くのがいいでしょう。

しかし、安定期とはいえ絶対安心とは言えませんので、旅行に行く場合はお医者さんに相談してくださいね。

旅行に行く上で気を付けることは?


出典:babyology.com.au

長時間の移動

飛行機や船舶などでの、長時間の移動はリスクが高くなるので、海外旅行は避けたほうがいいでしょう

飛行機や電車など、長時間座ったままでは、血行が悪くなり、お腹が張りやすくなったり、エコノミークラス症候群になる危険性があります。水分を多めにとり、足首をまわしたり、ふくらはぎを軽くマッサージするといいでしょう。

余裕のあるスケジュール

また、ハードなスケジュールは避けて、休憩を多めにとるように計画を立てましょう。近くの病院の情報なども調べておくと、いざという時安心ですね。

体の冷えに注意

暑い時期に旅行する場合は、エアコンなどによる冷え過ぎに注意しましょう。体が冷えると、お腹の張りや体調の悪化につながる可能性があります。寒い時期に行く場合も、やはり体が冷えすぎないよう、ひざ掛けや羽織ものなどを用意しておくといいですね。

旅行に持っていくといいものは?


出典:ameblo.jp

母子手帳と保険証は必ず持っていきましょう。

お腹が空くと気持ち悪くなる方は、おやつ類を持っていくといいでしょう。食べ過ぎには注意してくださいね。

また、妊婦さんは汗をかきやすいので、タオルやハンカチなどを多めに準備するとよいでしょう。

マタニティ用のパジャマや部屋着を持っていくと、宿泊先でくつろぐ時や夜寝る時安心ですね。下着など着替えも多めに用意するといいでしょう。

おわりに

妊娠中はいろいろと大変なことも多いですが、もうすぐ赤ちゃんに会えると思うと、出産までの短い期間を楽しみたいものです。

旅行に行かれる方は、マタニティプランのあるホテル・旅館もありますので、利用すると安心ですね。体調に十分注意しながら、旅行を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪