夏の喪服はワンピースのみや半袖で良い?女性向け夏の葬儀マナーまとめ

葬儀や法事には喪服を着ますが、気を付けたいのが夏の季節です。女性の喪服には、和服、ワンピースやアンサンブル等種類がありますが、夏の葬儀でのマナーとして半袖やワンピースのみで参列しても大丈夫でしょうか?

ジャケットを着るべきなのでしょうが、ちょっと暑くて苦しそう。ということで、どのような服装がベストなのか、涼しくする対策などをまとめてみました。

スポンサードリンク

喪服について

喪服には、夏用冬用と季節に合わせたものを揃えておけば問題はありませんが、そうそうそんなに着る機会は少ないと思います。特に若い女性なら、なおさら着る機会は少ないでしょう。

そこで、おすすめなのがオールシーズン着回しが出来るアンサンブルの喪服です。夏は上着を着ずに「ワンピース」で、その他の季節には上着を羽織ると対応できます。冬の寒い日には、下着で調節します。

でも、気になるのが「ワンピース」だけでよいのかということです。マナーに反していないか心配ですよね。

夏の喪服はワンピースでも大丈夫?

ズバリ、大丈夫です。ただし、デザインに気をつけましょう。袖は半袖でよいですが長めの丈のもの、裾はひざが隠れるくらいの長さで、肌の露出の少ないものを選びましょう。

小物について

黒のストッキングを着用します。素足や黒以外のストッキングはNGです。履物は、光沢のない黒無地のパンプスでつま先もかかともあるものを選びましょう。鞄は金具も光沢もない黒のものにします。ハンカチは白でもかまいません。

sponsored link

扇子を持参する場合はフォーマル用のものを持っていきましょう。洋装の場合、アクセサリーをつけて礼装は完成します。黒か白のパールのネックレスを用意します。

暑い日の対策は?

屋外では暑く室内では冷房が効いていて寒かったりして、結構困ってしまいますね。夏の葬儀には、服装に工夫をすれば涼しく過ごせます。

通気性の良いジャケットを用意する

日差しも気になるし、室内の冷房もきになるときは、裏地のない背抜きのジャケットで調節しましょう。透けてしまう生地は避けて、通気性を考えた粗い織りで作られたものや熱を逃がす素材のものが良いと思います。

涼しい下着

夏用の冷感素材の下着を着ることで、熱を外に出し汗をかいてもさらっとしているので、快適に過ごせます。

家庭で洗えるものを選ぶ

汗汚れなどで、結構礼服は汚れます。お手入れが大変と思う人は、ウォッシャブルのものを選ぶとよいでしょう。さっと洗濯機で洗えて型崩れもしにくく重宝します。

自宅で軽く洗っておいてクリーニングに出すのも良いと思います。しょっちゅう着るものではないので、綺麗にして収納しておきましょう。

黒のワンピースなら代用できる?

喪服がないから、黒のワンピースで代用しようと思う人もいると思います。基本的には代用できません。礼服の黒は漆黒であり、普通の洋服にはなかなか「喪服の黒」と同じ黒は無いからです。

略式で良い場合は、露出の少ない「真っ黒」のものなら大丈夫ですが、正式に葬儀に参列する場合はやはり正装を心がけましょう。

おわりに

葬儀などは不意なものです。急なことなので慌ててしまいがちです。喪服、バッグ、アクセサリー等一所にまとめて収納しておくと良いですよ。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪