就活髪型辞典。男編!前髪は分ける?上げる?ワックスは良いの?

sponsored link

時として、「見た目が勝負」のときがあります。特に初対面では第一印象が良くないと、あとあと何かと引きずることも。就活中の人にとっては、もっと重要になってきます。

身だしなみの中でも大切なのが、髪型。着ている服も大事だけれど、どんな生活をしているか、その人の性格まで想像できるのが「髪型」です。でも、好感度の良い髪型とは?と改めて考えると悩んでしまう人もいると思います。

前髪ひとつでも、どう分けたらいいのか、どのくらいの長さがいいのかなど、いろいろ考えてしまいますね。面接用にピシッと決まっているだけではなく、普段使いでも違和感のない髪型だったら尚更OKです。

そこで、就活にNGな髪型等、多くの男性が悩みやすい「疑問」を解消しながら、就活している男性のふさわしい髪型をまとめていきたいと思います。

就活の面接で好感度を上げる男の髪型とは

第一に上がるのは、「清潔感」です。説明会に出席するときから身なりには気を付けましょう。スーツだったら何でもいいなんて思っていませんか?頭の先から足元まで、トータルにスマートなスタイルで臨みましょう。

多くの人が、最初に相手の顔(頭)を見ます。そして、それが第一印象に繋がってしまいます。まずは、髪型をチェックしていきましょう。

前髪の長さはどのくらいがいいか、長くても大丈夫?

就活の髪型は、黒髪でショートが原則です。前髪も重要なポイントになります。清潔感やフレッシュ感、そしてやる気をアピールしなければいけません。そこで爽やかな印象にするためには、前髪の長さはやはり「眉毛辺りか眉出し」でしょう。

顔の相からでも、おでこを隠すと温和に、おでこを出すと積極的になります。協調性のある温和な感じを出したいのなら、前髪を下して分け目から少し流した髪型がおすすめです。

もうひとつのスタイルとして、「おでこ出し」も印象の良い髪型です。長めの前髪でも、バックに持っていって「オールバック」風に流れを作って、顔を出した爽やかな髪型なら切らなくても大丈夫。

同じアップバンクでも、ベリーショートなら爽やか感もアップします。前髪を立ち上げて流し、男らしくて清潔感も感じられる髪型です。

襟足やサイド(耳周り)の長さはどこまでならOK?


一般的に誰が見ても不快感のない長さがベストです。襟足は服につかない、サイドは耳にかからない長さが基本。清潔感を重視しましょう。分け目をきちっと分けて、もみあげも刈り上げ気味にすると好印象のリクルートヘアになります。

ワックス等で流れやボリューム感をだしてお洒落に決めても、前髪をあげて顔周りをすっきりとさせたら聡明感もアップします。

就活ではくせ毛は矯正すべき?

私の家族に強烈なくせ毛の人がいました。過去形なのは、今はそれほどでもなくなっているからです。30代後半に近づくにつれ毛質が落ち着いてきたようです。

就活真っ最中時、やはりくせ毛をどうまとめようかと悩んだようです。短いと本当にチレチレになってしまうので、少し髪をのばして整髪剤でまとめていたとのこと。結果は、無事に金融機関に就職できました。

矯正するのも良いと思いますが、くせ毛であったとしても清潔で爽やかさがあれば、あまり気にすることもありません。逆に、パーマをしても良いかという問題は、奇抜でなければ良いと思います。わざわざパーマをすることもないと思いますが。

sponsored link

カラーリングに関してはNGです。黒髪とショートヘアが基本と心がけましょう。

おすすめの髪型は?


就活でのおすすめの髪型をいくつかチョイスしました。どれも、朝の忙しい中でも簡単にスタイリング出来るものばかりです。ワックスやハード系のスプレーを使用しますが、意気込んでベタベタにならないように気を付けましょう。


出典:news.biglobe.ne.jp

サイドはすっきりと清潔感を意識したカット。トップは深めにチョップカットを入れて立ち上がらせます。手のひらにつけたハードめのワックスを全体に揉みこみ、サイドと襟足を抑えます。

最後にスプレー等でトップの束感と全体の髪型をキープしたら出来上がり。爽やかビジネスショートの完成です。


出典:news.biglobe.ne.jp

年齢層も幅広く、人気のある髪型です。ツーブロックですっきり感も倍増。画像のように、前髪を自然な感じで立たせると明るい印象になります。髪が少し伸びただけでも目立つ髪型なので、こまめにカットすることがポイントです。くせ毛の人でもこの髪型なら落ち着きますね。


出典:news.biglobe.ne.jp

忙しい朝でも短時間でスタイリングOKなのが、この髪型です。髪を濡らしたりして寝癖をとった後、スタイリング剤を全体につけて仕上げます。結構誰でも似合う髪型なので、迷った時はこんなイメージでカットをお願いしてみては。


出典:news.biglobe.ne.jp

マットなワックスを使ってスタイリングは1分。くせ毛の人も、こんな感じに束感をつくればフレッシュ感がUPします。

就活にNGな髪型は?

少し前述しましたが、カラー、パーマ、ロングヘアは基本NGです。目上の人に印象良く思われる髪型にしましょう。あまりない例と思いますが、白髪まじりの髪の人は黒く染める方が良いです。

パーマヘアにしてしまっている人は、ナチュラルを意識してスタイリングしましょう。髪の長さもこのくらいなら大丈夫かな、と一人で納得しないこと。もみあげや耳の周りは、少し伸びただけでも「だらしない」と思う人もいます。

もう当たり前ですが、髭もきちんと剃っておきます。就活中は、忙しくても定期的にカットに行きましょう。

就活髪型のその他の注意点

髪型ばかりに気を取られてはいけません。髪以外も見られています。特に細く作った眉毛や手入れをしていないような長い爪にならないように気を付けましょう。

スーツはグレーや濃紺又は黒が無難です。ワイシャツは白で。ネクタイはフレッシュなイメージの柄を選びましょう。意外と、年上の女性に見立ててもらうと良いですよ。

靴は履きすぎてくたびれているとしても、綺麗に磨いておきます。いろいろと大変ですが、社会人になるという自覚を持って臨みましょう。

おわりに

企業によって、髪型に対する基準も違います。ですが、就活での髪型は清潔感と明るい印象が大切です。苦あれば楽ありで、頑張って就活を乗り切りましょう。

sponsored link