実りの秋をむかえるといろいろな果物が出回りますね。その中でも秋らしい果物といえば赤く実る柿をあげる人も多いのではないでしょうか。昔から「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われ、医者いらずの食べ物とされてきた柿の栄養価や効果、効能についてまとめてみました。

スポンサードリンク

柿の実に含まれる主な成分とその効果

美肌効果

柿には多くの果物と同様にビタミンCが含まれますが、そのビタミンCの量はみかんの2倍と言われています。ご存知の通りビタミンCは美肌の味方。日焼けやシミに効果があります。干し柿にするとビタミンCが減少してしまいますので、生で食べるのが効果的です。

免疫力アップ

同じくビタミンC及びAの効能で、免疫力が高まります。柿の旬は木枯らしが吹き始める頃で風邪が流行する時期です。豊富なビタミンAとCが、体の免疫力や抵抗力を高め粘膜を強化してくれるので、学校などで風邪が流行り始める頃にはお子さんに是非食べさせてみてください。

ガン予防

柿にはβクリプトキサンチンが含まれています。これには、発がん物質が体内の健康な細胞を傷つけるのを防ぐ働きがあります。糖尿病やリウマチ、骨粗しょう症にも効果があるというこの成分が多く含まれる柿は、健康に一押しの食品といえますね。

二日酔い症状の改善

柿にはカタラーゼという成分が含まれていて、これにはアルコールの分解を促進する作用があります。また同じく柿に含まれているカリウムには利尿作用が有り、カタラーゼで分解されたアルコールが体の外に排出されれば、二日酔いの症状がいち早く改善します。飲みすぎた翌日の朝食に是非試してください。

柿の実以外の栄養と効果

皮に含まれる栄養

sponsored link
出典:nara-naramachi-sblo-jp

柿の場合、皮ごと食べるという習慣はありませんね。しかし多くの野菜や果物と同様に栄養分は皮と実の間に多くふくまれているため、栄養価を考えた時には皮を食べたほうがいいと言えます。

ビタミンCやβカロチンは実以上に皮に含まれており、美肌や免疫力向上に効果があり、食物繊維やミネラルも豊富に含まれています。また皮には低酸化作用もあり、動脈硬化を予防する効能もあります。

こんなにいいとこずくめの柿の皮ですが、難点はその食べにくさですね。硬くて美味しくないという意見が圧倒的ではないかと思います。摂取する際には生でかぶりと、というのは難しいので、天日干しにしてみましょう。粉末にしてクッキーに入れたり、お茶にして飲んだり等、柿の皮の効能を無理なく味わえます。

柿の葉

出典:cafy-jp

柿の葉にもビタミンが豊富に含まれていて、地域によっては、若葉を天ぷらにしたり和え物にしたりして食べます。また、奈良の柿の葉寿司は柿の葉でお寿司をくるむのですが、これは柿の葉の殺菌効果を活用したものです。ただし、くるんだ葉は食べないそうです。

でも食べ過ぎにはご用心

出典:tgic-jp-com

こんなにいいとこずくめの柿ですが、いくら食べてもいいという訳ではないようです。食べ過ぎることによってマイナスの面が出てしまいます。

消化へのマイナス効果

適量とされる1日1〜2個を摂取している分には、食物繊維が豊富なため、お通じが良くなるのですが、食べすぎますと、逆に便秘になってしまいます。それは、柿の中にふくまれるタンニンが腸の働きを弱めてしまうからです。また柿は体を冷やす食べ物ですので、胃腸の弱い人にはあまり向いていません

カロリー

柿は甘いので、カロリーは高めで1個90キロカロリー、糖質も高めです。あまりたくさん食べますとカロリーオーバーになってしまいますので、美容のためにも適度に摂取することがお勧めです。

おわりに

柿の栄養や効能、いかがでしたでしょうか。この秋は是非積極的に柿を摂取して、美容と健康の増進に励んでみましょう。