帰省ラッシュ2016年お盆のピーク予想!新幹線と高速道路のピーク予測まとめ

もうすぐお盆休みですね!!家族みんなで出かける計画をされている方も多いのではないでしょうか?2016年のお盆休みは、例年に比べ、分散型になっているようですが、渋滞や混雑は気になりますよね

今回は、お盆休みの気になる高速道路の渋滞や新幹線混雑のピーク予想を調べてみました。情報を上手く利用して、安全で快適なお出かけができると良いですね!

スポンサードリンク

2016年の帰省ラッシュをズバリ予想!!


出典:you-gakusha.net

お盆休みは、8月13日から16日の4日間が一般的ですが、今年はどうでしょうか?まずは、カレンダーを見てみました。土日祝日が上手く入ると、連休が長くなりますよね!

今年から、11日の「山の日」が祝日になりましたので、11日からお休みに入る方もみえるでしょう。ですので、有給を使って連休を取ると、土日を合わせて「6連休」の方が多いと予想しました

会社によっては、お盆休みが長い所や、有給が使いやすい所もあるでしょう。その場合には、お盆休みが6日からスタートの会社や11日スタートの会社で、長いと11連休の方もみえるかもしれません

新幹線・高速道路の渋滞のピークは?

今年のお盆休みの渋滞や混雑のピークは、分散型になりそうだと言われています。8月6日から連休に入るケースと、11日からのケースとの2タイプに分かれそうなので、渋滞や混雑も少しは緩和方向である、と予想できます

1・新幹線のピーク

帰省ラッシュ下りのピークは、8月6日・11日午前中
Uターンラッシュ上りのピークは、8月15日・16日午前中です

帰省ラッシュの混雑を避けるには、夕方から夜遅い時間が良いでしょう。Uターンラッシュの混雑を避けるには、15日の午前中と16日午前中には止めておくと良いと思います。一番のピークが予想されています。

sponsored link

2・高速道路のピーク


出典:style.nikkei.com

帰省ラッシュ下りのピークは、8月6日・11日朝
Uターンラッシュ上りのピークは、8月14日・15日夕方です

帰省ラッシュの混雑を避けるには、5日の出発か10日の深夜に出発が良いでしょう。Uターンラッシュの混雑を避けるには、午前中の早目か深夜がやはりオススメです

調べてみたところ、この様な予想が多いようです。混雑をできるだけ避けるには、午前中の早い時間帯か深夜の出発がオススメですが、運転には十分注意して下さいね。仮眠を上手く取る、運転を交代する、などの対策を行いましょう。

渋滞や混雑のピークを確認してお出かけを!!


出典:info.roosterbank.com

あらかじめ渋滞や混雑のピークを確認しておけば、帰省の予定がない人のお出かけにも役立ちます。帰省ラッシュのピーク時を避ければ、お子さん連れのお出かけも安心ですよね

真夏の気温は高いので、車内で過ごす時にも注意が必要です。車の窓を閉めた停車中の車内の温度は、外気温が約30℃の場合で約43℃まであがってしまいます短い時間だから、とお子さんを車内に残したままにしないで下さいね

エアコンで快適な車内温度に調節を心がけ、直射日光を避けるようなサンシェードなどを上手く利用して車内温度が上昇しないようにしましょう水分補給もお忘れなく

真夏のお出かけは少し大変な面もありますが、できるだけいろいろな対策をして楽しい時間にしたいですね!

おわりに

日本人にとってのお盆休みは、夏休みと時期も重なるので、家族で過ごす大事な時間と感じている人が多いようです。ゆっくりとした時間があると、良いリフレッシュになりますよね。

できるだけ疲れを残さず楽しく過ごす為に、帰省ラッシュのピーク情報を知っておき、有意義なお盆休みを過ごしたいですね!!

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪