栃木県いちご狩りおすすめランキング2018!スカイベリーの口コミは?

sponsored link

冬のお楽しみイベントのひとつに、いちご狩りがありますよね。

関東近郊では、いくつかおすすめスポットがありますが、今回はいちごと言えば、栃木県!という方のために、情報をまとめました。

2018年の栃木県いちご狩りおすすめスポットランキングや口コミ、今話題の品種スカイベリーやとちひめのことなど、たっぷり調べてみました。

栃木県といえば、いちご狩り?!

栃木と言えば、いちご生産量が、50年連続して日本一ってご存知でしたか?

昔は、いちごの品種もそれほど多くなく、いちごと言えば女峰という品種が浮かぶくらいでした。

その女峰の後継品種として、1996年に誕生したのが、「とちおとめ」です。とちおとめ誕生から、すでに20年以上経っているので、今では、いちごの代名詞といっても良いでしょう。

さらには、品種改良も日々進化し続け、「スカイベリー」や「とちひめ」といったおすすめの大人気ブランドも確立されつつあります。

それでも、これらの人気品種は、数が少なく希少価値があります。それを、いちご狩りで思う存分食べられるなんて、ちょっと、足を延ばしてみたくなりますよね!

大人気の品種!スカイベリー&とちひめ


出典:aruyo21.jp

大きさと美しさと美味しさが、すべて大空に届くような素晴らしいいちごであるように、という想いをこめられた品種が「スカイベリー」です。

いちごというと、かわいらしい小粒というイメージがあったものを、かなり大粒に品種改良したものです。

3L(25g)以上の割合が2/3を占めており、粒もそろっているので、店頭などに並ぶと、本当に「プレミアムいちご」の貫禄があります。

また、大粒いちごで、限定栽培のため、栃木に足を運ばないと味わうことができないのが、「とちひめ」です。

日持ちしない品種なので、おすすめのいちごでありながらも店頭では見かけることがほとんどなく、いちご狩りが楽しめるのも、栃木県内でも数が限られています。

栃木県のいちご狩りおすすめ人気ランキングは?

さて、そんないちご狩りパラダイスの栃木には、いちご狩りスポットは数おおくありますが、今回は、スカイベリーやとちひめも食べられる農園をメインに調べてみます。

出会いの森いちご園(2018年1月3日~2018年5月中旬まで)

全国初の可動式ベンチ栽培なので、バリアフリー完備のいちご園です。バリアフリーハウスも増設されて、どなたでも楽しめる空間になっています。

料金

1月1500円(大人)1300円(小学生)850円(幼児)
2月1400円(大人)1200円(小学生)850円(幼児)
3月1300円(大人)1100円(小学生)850円(幼児)
4月1100円(大人)1000円(小学生)750円(幼児)
GW以降はまた料金が変わります。シルバー料金もあります。

時間

10時から14時半までの間で、食べ放題30分

※連絡先:栃木県鹿沼市酒野谷929-1 0289-60-0175

南那須観光いちご園(2018年1月6日~5月中旬まで)

とちひめととちおとめ、栃木の品種がたっぷり味わえる観光農園。貴重な品種のとちひめは予約が必要で、食べ放題時間も5分間です。3歳未満無料。

sponsored link

料金

1月1500円(大人)1200円(小学生以下)
2月1500円(大人)1200円(小学生以下)
3月1400円(大人)1100円(小学生以下)
4月1200円(大人) 900円(小学生以下)
5月1100円(大人) 800円(小学生以下)

時間

10時から15時までの間で、30分食べ放題(水曜日定休)

※連絡先:栃木県那須烏山市藤田1060-4 0287-88-0002

ベリーズファン(12月30日~2018年3月中旬まで)

小規模な農園ながら、いちご作りには、環境や水、減農薬とこだわりぬいています。栃木県内でも珍しい、スカイベリー専業のいちご園です。年末年始も楽しめるので、帰省中でも気軽に立ち寄れます。

料金

12月1900円(大人)

時間

10時半~15時までの間で、食べ放題30分

※連絡先:栃木県鹿沼市亀和田町1109-1 050-3702-6421

芳賀いちご園(2018年1月上旬~5月GWまで)

スカイベリーもとちひめも楽しめるおすすめいちご園。隣接する道の駅もあるので、いちご狩りを楽しんだ後、日帰り温泉や物産店なども満喫できます。

料金

1~2月1600円(大人) 800円(小学生未満)
3~5月1500円(大人) 700円(小学生未満)
※スカイベリーととちひめは、別料金になります。

時間

10時~15時までの間で、30分食べ放題
スカイベリーととちひめは、時間が決まっています。

※連絡先:栃木県芳賀郡芳賀町祖母井856-1 028-677-0715

野口英雄いちご園(12月15日~2018年5月8日まで)

ネット上でも情報量が比較的少ないので、ランキング上位にあがることはありませんが、とちひめが食べられる貴重な農園です。

料金

1月~4月 大人(中学生以上)1800円 子供(3歳~)1300円
5月 大人(中学生以上)900円 子供(3歳~)650円

時間

10時から14時までの間で、食べ放題30分

※連絡先:栃木県真岡市境1497-2 080-5419-8748

2018年いちご狩りを楽しむために

いちご狩りのトップシーズンは、食べ放題の価格も違ってきます。また、土日は観光客であふれかえることもあります。

予約が必要だったり、いちごの生産量次第では、臨時休業していたりすることもあります。ここ!と候補があがったら、電話などで確認しておくことをおすすめします。

また、予約した訪問時間によっては、いちごが十分に残っていない場合もあるので、訪問時間もなるべく早めにすることをおすすめします。

今回人気のあるいくつかの農園さんを紹介しましたが、それ以外でも、たくさんスポットはありますから、2018年はいくつか回ってみるのも、お気に入りを見つけるチャンスかもしれませんよ。

いちごの美味しさに夢中になっても、周りをしっかり見ながら、マナー違反にならないように、美味しい幸せな気持ちを皆でシェアできるように楽しい時間を過ごしてください。

おわりに

甘~い、いちご、本当においしいですよね。昔に比べると、品種もかなり多くなり、店先をのぞくのもウキウキしてしまうほど。

子供が小さい時は、何度かいちご狩りに行きましたが、自分で好きなものを選んで食べるのって、とっても楽しいですよ。

子供は夢中になって、時間いっぱい頬張っていたのを覚えています。練乳がもう少し欲しいな~と思ったりしましたが、いちご本来の甘さも楽しまなければ、もったいないかも!

今回ご紹介した栃木県は、まさにいちご王国です!おいしいいちごをたっぷり味わいながら、観光地巡りするのも、ちょっぴり早めの春を感じることができますよ。

sponsored link